株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

そもそも精密機械ってどういうもの?その種類と輸送に使うトラックを学ぶ


外的環境により非常に壊れやすいとされる精密機器や精密機械、言葉で言うのは簡単ですが、どういったものが当てはまるのでしょうか。 ざっと列記すると以下のようなものが当てはまります。

これだけの種類がある「精密機器・半導体機器」

d5402144f8c591e35c86eb249ef42748_s

 

【医療機器】

dad6d1b9db1e61725068f263df7d0466_s

 

【精密測定機器】

【天体望遠鏡】

【工作機械】

8a7f033dff9cbba6276f3b41029e27a1_s

 

【光学機器/映写機】

【分析機器】

736b92c55b6080f71b514c2c88e4c9c5_s

 

【福祉機器】

【工作機器】

【電子機器】

【ロボット】

【レーザー加工機】

オフィスに関連するサーバー移設なども精密機械の輸送が関係します

48b7ccf88c857efe8b0aeefa89fbbd39_s

 

【OA機器移設】

【通信機器】

0b64bfdce0a12366bb416ab926be310b_s

 

【計測機器】

【メディカル治療器】

【電子機器】

0ca97ebf7e4cfeb199c2744fd723b436_s

 

【検査機器】

【理化学機器】

【電気機器】

c04f93e856e19aceccadeed5aca6d78d_s

 

【試験機器】

c3f48c1db46322b211b757cf368f130b_s

 

【印刷機器】

【宇宙航空部品】

【パソコン・IT機器】

ざっと挙げさせて頂いただけでもこれだけの種類があるのは驚きです。これらは外的影響を非常に壊れやすく、特に輸送等では細心の注意が必要です。 主に注意するべきポイントは以下の通りです。

  1. 振動
  2. 衝撃
  3. 湿気など

現在、精密機器輸送では殆どのケースで特殊なトラックが使われます。これらの輸送車両を一般的に「エアサス車」と呼びます。エアサスとは、「エアーサスペンション」の略です。衝撃や振動に弱い精密機械を守る為に、トラックが常に水平に保てるように、荷台の車高を特殊なセンサーが探知してくれたり、突発的に発生する衝撃をおさえたり、荷崩れを軽減する仕組みがなされたサスペンションなのです。 そしてエアーサスペンションが搭載されてるトラックにもいくつか種類があります。 下記にいくつかを挙げてみます。

標準な温調エアサス車。湿気を嫌う絵画などの輸送にも適切。

 

超精密機器、絵画、電子部品、など、多彩な使い方が可能。

 

大型製品を難なく積み込めるコンテナを牽引。 設定温度から0.3度以内を保持、また湿度は40%以下を保持。 船内電源が使用可能な空調システム搭載。 車両位置を把握できる車両稼動システム。

 

床全体が移動する仕組みになりっており、精密機器の木箱に対処が可能。

 

 

【エアサス風景(2分30秒頃)】

 

「わからない」で済ませず、とことん打ち合わせをする事が大切です

「精密機器輸送」というと、その言葉の意味はある程度理解出来ても馴染みが無いという方々が多いと思います。人間というのは理解出来ない事は丸投げしてしまうという傾向は仕方が無いことかもしれません。しかし、大切な資産がトラブルで破損、最悪の場合は廃棄等になってしまっては大変です。出来る限りの知識を持ち、依頼する輸送業者にただ丸投げするという事ではなく、納得がいくまで打ち合わせする事が重要です。その中で精密機械の輸送や運搬に取っては、どのような仕様のトラックを使用して輸送するかは非常に重要なことです。

 

何を・どれだけ・どのくらい・いつまでに運ぶのかなどを運送業者と相談して適したトラックを選択するように心がけるようにしましょう。


ISO9001 認証取得 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 運搬ブログ