株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

トラックやトレーラから見えない場所 ―死角―


トラックやトレーラは車体が大きい分、乗用車よりもどうしても死角になる場所が多くあります。

例えばどのような部分が見えにくくなってしまうのかをしっかりと学び、トラックやトレーラでの走行に活かしましょう。

 

死角

左側後方の死角は大きい

右側に運転席のあるトラックでは、左側の死角が大きいことを自覚しましょう。

左側は確認できる部分が少なく、左側方から左後方にかけてはバックミラー、アンダーミラーに映る範囲以外はほとんど死角となります。

 

後方の死角

バン型トラックは後方のほとんどが死角です。

後方が見えない状況で安全に後退するためには、いったん下車して後方の安全を確認するか、誘導員に誘導してもらう必要があります。

誘導してもらう時やバックアイカメラを使用する場合でも過信は禁物です。

 

スピードと車の特性

スピードを出すと衝撃力が増す

衝突時などの衝撃力は、スピードの2乗に比例して大きくなります。

貨物を積載しているトラックは車両総重量が重いため衝撃力は一層大きくなり、死亡事故の主要因となるのです。

 

スピードを出すと遠心力が増す

カーブで急ハンドルを切った時に生じる外側に向かう力が遠心力です。

この力はスピードの2乗に比例し、カーブがきついほど、車が重いほど大きくなります。

 

スピードを出すと停止距離が長くなる

「停止距離」とは危険を感じてブレーキを踏み、効き始める迄に進む距離「空走距離」とブレーキで車を停止させる距離「制動距離」との合計距離です。

スピードを出せば出すほど「停止距離」は長くなります。

 

スピードと視覚

スピードを出すと視力が低下する

車を運転中の視力は静止している物を見る時の「静止視力」とは異なり、常に動いている物を見る「動体視力」と呼ばれています。

「動体視力」は昼間よりも夜間に、スピードを出せば出すほどに低下する傾向があります。

静止視力がよい人でもスピードの出し過ぎには十分注意しましょう。

 

スピードを出すと視野が狭くなる

人が視線を動かさずにいる状態で見える範囲が視野です。

通常、静止してまっすぐ前方を見た場合、視野は両眼で約200度程度見えるが、スピードを出せば出すほど見える範囲は狭まります。

2242f080bc521b5283b76100cb55fe9c_s

下り坂・上り坂のスピードコントロール

下り坂の走行

下り坂ではスピードが出やすく、前車との車間距離をとるためのスピードコントロールが重要となります。

特に前車が排気ブレーキ使用の場合は注意しましょう。

長い下り坂でフットブレーキを多用すると、フェード現象やベーパ・ロック現象が生じ、ブレーキが効かなくなる恐れがあります。

できるだけエンジンブレーキや排気ブレーキを活用し、道路の勾配や周囲の状況に応じた走行を心掛けるようにしましょう。

 

上り坂の走行

積載量が大きい大型トラックは、上り坂ではスピードが低下しがちです。

このため後続車に追突される恐れもあるので、上り坂ではスピードメーターのチェックを確実に行いましょう。

登坂車線のある道路では登坂車線を利用しましょう。

 

安全な速度と車間距離

1秒間に車が走行する距離

スピードを出せば出すほど1秒間に車が進行する距離は長くなります。

これは危険を感じてブレーキを踏み、効き始めるまでの「空走距離」が長くなることを意味しています。

スピードの出し過ぎや走行中に不用意なわき見をしてはいけません。

 

安全な速度と車間距離

スピードに応じた安全な車間距離の取り方の目安は次のとおりです。

 

速度60km/h以下の場合は、走行速度の数字から15を引いた車間距離をとりましょう。

例 速度60km/hの場合:60-15=45メートル

 

速度60km/hを超える場合は、走行速度の数字と同じ車間距離をとりましょう。

例 速度80km/hの場合:80メートル

 

過積載は交通事故の要因

過積載をすると制動距離が長くなる

定量積載のトラックの制動距離に対し、過積載状態では制動距離が長くなるといった測定データがあり、過積載状態が危険であることは明らかです。

また、過積載時は定量積載時に比べ、衝突事故時の衝撃力も大きく死亡事故や重大事故につながる可能性が高いです。

 

過積載をするとバランスを崩しやすい

過積載をすると、一般的に高積みとなり左右のバランスを崩しやすいです。

カーブ走行では、対向車線へのはみ出しや横転する恐れがあります。

下り坂では定量積載時に比べスピ-ドが出ます。

このためブレーキへの負担は増し、過熱してブレーキが効かなくなるフェード現象を引起こす恐れがあります。

 

トラックやトレーラの死角になってしまう場所、走行スピードについてなど、気をつけるべき点はいくつもあります。

安全運転を行いましょう。

 

引用参考 トラックドライバーのための安全運転の基礎知識

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!


ISO9001 認証取得 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 運搬ブログ