株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

トラックやトレーラの雪道対策 3


いつもの道路より、雪道にはたくさんの危険があります。

しかし、きちんと対策を行うことで安全に走行できるのです。

トラックやトレーラで安全に雪道を走行するために、雪道での対策を確認しましょう。

 

ドライブ計画も入念に行いましょう。

雪道ドライブを簡単に考えてしまうと、思わぬ落とし穴に陥ることもあります。

どのようなことが起こり得るか、事前に知っておくことが大切です。

幹線道路中心ドライブ

幹線道路を中心に、ドライブルートを設計するように心がけましょう。

地図上では2車線道路のように見えても、積雪状態によっては1車線しか走行できない、ということもしばしばあります。

細街路などは、思わぬ雪深さに立ち往生することもありえます。

車があまり通らない場所であるなら、尚更です。

普段と同じ道であっても、雪の状況によって、全く異なる道へと変貌しているのです。

幹線道路から外れてしまうようであれば、その中でもなるべく大きな道を選びましょう。

なお、水辺や溝、曲がり角の多い道路は避けたほうが無難です。

遠回りになったとしても、事故が起こりにくくなる分、安全に到着できます。

カーナビ過信は禁物

カーナビは、道の詳しい状況までは教えてくれません。

急な上り坂で、雪の中では運転が難しい道だったりすることもあります。

あるいはそもそも、雪で道が封鎖されているかもしれません。

雪道に抜け道なし、と思って、どんなに面倒でも幹線道路を中心に走行するようにしましょう。

無理のないスケジュール

余裕を持ったスケジュールでドライブしましょう。

雪道では、スピードは普段より抑えて走行しなければなりません。

さらに、降雪状況によっては、道路が通行止めになっていたり、迂回を指示されるなど、走行時間がかさむ要素がたくさんあります。

雪道は普段よりも時間がかかるものです。

家を早めに出発し、会社や友人などへは事前に連絡を入れておきましょう。

焦らず慎重に運転することが大切です。

02ad353972354cb880e93f800dab33ce_s

情報収集は必須

目的地の雪の状況を、数日前から情報収集しておきましょう。

また、道路の状況はJARTIC(日本道路交通情報センター)のホームページで確認できます。

当日は、SA(サービスエリア)などにあるライブカメラで交通状況を確認できます。

雪国のいろんな路面

タイヤのグリップが比較的良く、スタッドレスタイヤなら走りやすい路面です。

なお、交通量の多いところでは、「圧雪ツルツル路面」に変わりやすいです。

 

雪が踏み固められ、タイヤで磨かれてツルツルしている状態です。

交差点付近に多く、事実上の凍結アイスバーンのように滑りやすくなっています。

 

雪が溶けて再び凍った路面です。

とても滑りやすいため、慎重に運転しましょう。

日なたでは、解けた氷が水膜となって浮かぶことがあり、さらに滑りやすくなっています。

 

風の強い日は、雪が突然舞い上がって視界が悪くなることがあります。

地吹雪と言われる現象です。

急に止まらないよう注意してください。

十分に速度を落として走り、前方との車両間隔を開いておきましょう。

 

雪の降る日、雪が積もった日は、トラックやトレーラ、車だけでなく電車や人も歩みが遅くなります。

これは、安全性を考えると当然のことですね。

だからこそ、雪の降りそうな日は早起きをして余裕のある行動をしましょう。

また、上記にもあるように事前の準備は非常に大切です。

事前準備をきちんと行うことで、焦ることがなくなることから自身の安心感に繋がります。

その安心感は、気持ちの余裕になるのです。

雪の降る真冬がくる前に、防寒対策を含めた雪道の準備を行いましょう。

 

引用参考 雪道ドライブのきほんの「き」

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!


ISO9001 認証取得 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 運搬ブログ