株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

トラックドライバーとトレーラードライバー雪道ガイド 3


ようやくすこし暖かくなり、雪もそろそろ溶けてきたでしょうか?

溶けた雪は、雨のあとの水たまりのようになりますから、滑らないように気をつけてください。

また、地域によってはまだまだ路肩などに残っている場合も多いのではないでしょうか。

トラックやトレーラで走行するときは、路面の状況に注意して安全に運転しましょう。

 

冬道の注意ポイントとしては、場所や時間によって変わる路面の状況が外せません。

冬の道路の状況は、走行する時間帯や場所など、様々な要素によって変化します。

高速道路上で特にタイヤが滑りやすい要注意ポイントをしっかりチェックしておきましょう。

 

橋の上やトンネルの出入り口

橋の上やトンネルの出入り口などは他の場所よりも気温が低くなり、路面が滑りやすい危険な場所です。

こういった場所に差し掛かりそうな時は、手前で十分にスピードを落としておき、いつも以上に注意して走行しましょう。

朝晩の時間帯

昼間は路面が濡れているだけの状態でも、夜になって気温が下がると滑りやすくなります。

気温が下がる朝晩の走行は昼間とはまったく状況が違うと考え、十分に用心しましょう。

 

出発時は積雪が見られなくても、場所や時間などの条件が変われば路面状況も刻々と変化していきます。

今は晴れているから、気温が低くないからと油断せず、路面の状態に注意しながら走行してください。

 

e02067016eecb0f1a796b62696095558_s

冬道走行の要注意箇所を事前にチェック

どんなことに注意すればいいのでしょうか。

路面の状態を知って、状況に応じた運転をしましょう。

 

冬の高速道路の路面にはいくつかの種類があり、気をつけるべきポイントもそれぞれ違います。

路面の状態を正しく把握して、状況に応じた運転を心がけましょう。

 

固まった雪やシャーベットに注意

積もった新雪が踏み固められて出来る「圧雪」路面は、冬用タイヤを装着していれば走行できますが、普通の路面より滑りやすいため注意が必要です。

一方、比較的温度が高い時に雪が降った場合は圧雪にならず、水分を多く含んだシャーベット状の路面ができます。

この場合はとけかけた雪にハンドルが取られて滑りやすくなるため、慎重な走行が必要になります。

 

路面が黒くても安心してはダメ

さらに、雪がとけてその水分が再び凍ると、積雪路よりさらに滑りやすく危険な「アイスバーン」という凍結路が出来ます。

なかでも最も注意すべきなのが、道路表面が凍って黒く見える「ブラックアイスバーン」。

積雪や通常のアイスバーンの場合は路面が白く見えますが、ブラックアイスバーンの場合は単に路面が濡れているように見えるため、凍結に気付かないことが多いので非常に危険です。

路面が黒く見えても決して安心せず、細心の注意を払ってください。

ワンポイント

冬の安全走行のための対策を行いましょう。

例えば、滑りやすい箇所への警戒標識、雪で視界が遮られた時に光で視線を誘導する自発光スノーポール、寒冷地域におけるロードヒーティングなどがあります。

 

雪道には対策が必要です。

人にとっての長靴のように、トラックやトレーラのタイヤにも工夫が必要なのです。

路面の影響などをきちんと把握し、しっかりと安全運転を行いましょう。

 

引用参考 雪道ドライブガイド

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!


ISO9001 認証取得 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 運搬ブログ