株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

トラックドライバー実用知識編「積み付け方法2」


荷崩れをしない方法のひとつに、固縛の仕方が挙げられます。

固縛にはいくつかの機器を使用します。

皆さんはどのような固縛機器を使っていますか?

よく使用する機器があれば、初心に帰って確認しておきましょう。

 

固縛に関する禁止事項

固縛機器の破損・はずれ等を防止するため荷台のロープフックや外枠の下部に荷締機のフック等を直接かけないでください。

必ず補助ワイヤロープまたは環を使用しましょう。

 

積荷を保護するため、当て物を使用し、積荷には直接ロープや荷締機を当ててはいけません。

また、積荷の角張った箇所には直接ロープを当てないでください。

また、積荷に取付けられた金具が角張っている場合は、ワイヤロープを直接掛けないでください。必ずシャックルを介して固縛しましょう。

積荷とワイヤロープとの張り角度を大きくしないでください。なるべく45°以内にしましょう。

ワイヤロープは、出来る限り結んで使用しないようにしましょう。ワイヤロープを結んだり、引っ掛けて使用すると強度は約半分になります。

固縛箇所で積荷とあおりとの間に隙間のある場合は、これをそのままにして固縛しないでください。必ず木材で隙間をうめましょう。

 

積付け・固縛機器取扱いの注意

積荷を積載して固縛する場合は、使用する機器の能力や安全性を十分に知って正しく使用しましょう。

特に、合繊ロープ、ワイヤロープや荷締機(商品名:レバーブロック、プーラー、ヒッパラー、ラッシングべルト等)は、とがったものに直接当てたり、よじれたまま使用しないでください。

 

合繊ロープの種類・太さ別安全荷重

合繊ロープの強度は、太さ(径)だけでは判断できません。

同じ径であっても柔らかでボリュームだけあって強度の低い合繊ロープもあるので、単位あたり重量が規格以上あるかを確認することが重要です。

 

走行時の振動によるロープの張力低下

貨物を積載して走行すると車体の振動により、積荷自体も振動して、

・ロ−プの結び目が固くなる。

・積込み時にあった積荷と積荷の隙間が詰められたり、逆に開いたりする。

等のことから、ロ−プの張力は約40〜50%減少します。

 

合繊ロープ使用時の注意

合繊ロープはワイヤロープに比べて科学的、物理的に影響を受け易く、また『ヨリ』がもどった場合の強度低下が大きいから注意しましょう。

ゆっくり引っ張っても切れぬ合繊ロープもゆるめて置いて急に引っ張るとたやすく切れ易いです。

鋭い角のある物体に合繊ロープを掛けて力を加えると、外側の繊維は大きな伸びを必要とし切れ易くなります。できれば鈍角になるような物を当てがうようにしましょう。

雑貨などに合繊ロープを掛ける場合は、足元に注意し、ロープが重なったりよじれたり、または外れないように注意します。

合繊ロープを外す時は、荷物の安定を確かめてからゆるめましょう。引き抜く時は、無理をしないようにしましょう。よじれはすぐなおしておきましょう。

 

合繊ロープ使用後の手入れ

常に乾燥しておき、次の作業に最良の状態で使用できるようにしましょう。

濡れた合繊ロープは日陰で乾かします。もし濡れたままだと『カビ』等を生じて早く腐食します。

汚れた合繊ロープはきれいにしてください。

真水で洗いよく陰干しして保管しましょう。汚れたままだと撚り糸(ストランド)や繊維を傷めます。

酸性、アルカリ性のものは合繊ロープには禁物です。

バッテリ液、洗剤、ペイント等も同様です。

 

固縛のための機器は、取扱いに十分注意しなくてはなりません。

使い方を誤れば、その効果は半分以下、もしくはマイナスになるということも考えられます。

正しい使い方ができるようにひとつひとつ作業していきましょう。

 

引用参考:安全輸送のための積付け・固縛方法

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

 


UKAS ISO9001 認証取得 CM009 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 j-goodtech 運搬ブログ