株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

荷崩れを防ぐには


荷崩れの原因

トラックやトレーラーの走行は「地震の連続発生」のようなものです。トラックの積荷に加わる振動や衝撃を地震の震度に例えると、静かにアクセルを踏んでゆっくりと発進した時には震度2の軽震、乱暴に急発進した場合には震度7の激震に値する揺れが積荷にかかります。トラックが走り出すと、積荷は絶えず大小の地震に見舞われることになります。舗装の良い道路であれば、上下に震度2程度の負荷がかかります。道路工事中の段差や、橋と両岸の土床との継ぎ目、マンホールの蓋の乗り越えなどの道路の凹凸は、積荷にとっては震度4の中震から震度7の激震となって上下方向に揺さぶられる衝撃になります。

カーブする時に積荷にかかる負担

左から右にカーブしているS字型の長い下り坂を降りる際、例えば曲線半径100mの左に曲がるカーブを速度50km/hで走った場合、積荷は右側方向に引っ張られる遠心力を受け、その力の強さは震度5の強震に相当します。また、同じ100mのカーブを速度60km/hで走った場合に積荷に加わる遠心力は、震度6の烈震に相当します。

ブレーキ時に積荷にかかる負担

信号待ちの停車など、通常のブレーキ動作であれば震度2の軽震程度の衝撃ですが、少しでもブレーキを踏むタイミングが遅れると、震度4の中震の衝撃に相当します。万が一、駐車車両の陰から子供や自転車が飛び出したりして急ブレーキを踏んだ場合に積荷が受ける衝撃は、震度7の激震以上に相当し、積荷は車の前方に強く押し出されてしまいます。積荷が重ければ重いほど、衝撃は大きくなります。

地震とトラック走行中の振動・衝撃の違い

前述では、積荷にかかる衝撃を地震の震度と比較して説明しましたが、実際の地震と、トラック走行中の振動や衝撃とは、全く同一とは言えません。地震と走行中の振動は、振動の周期と方向性に違いがあります。トラックの走行中に発生する振動や衝撃の方向は、路面の凹凸から発生する上下の動き、そして加速、減速、ブレーキによる前後の動き、さらにカーブ走行時の遠心力からくる左右の動き、これらが全て重複して積荷に加わります。特に、走行中の上下方向の振動は、積荷とトラックの床面の間や積荷同士の滑りに対する抵抗力を低下させるので、走行中の積荷は静止している時に比べて非常に煮崩れしやすいものになります。
一般的に、いつどのくらいの自信が発生するのかを予知することは、非常に難しいですが、トラックの積荷の立場から考えてみれば、走行中に連続した揺れに見舞われることは明白で、その振動の大きさも予測できるはずです。ですから、走行中は必ず大小の地震に遭遇することを前提として、それによって生じるかもしれない荷崩れを防止する対策は絶対に必要です。

荷崩れを防ぐには

事前に荷崩れを防ぐには「貨物の積付け」「貨物の固縛」「運転方法」の3点を組み合わせて実行しなくては効果がありません。前述したように、トラックの走行中にはいつも震度4以上の地震に襲われることになるので、積付けをきちんとしただけでは、荷崩れを防止することはできません。
また、出発前にいかにしっかりロープなどで固縛しても、積み付け方が悪いと走行中の振動や衝撃で、積荷の移動や変形が起こって隙間が生じ、ロープに緩みが出たりしてさらに荷崩れを誘発することになってしまいます。したがって、積み付けも固縛も荷崩れを防止する重要なポイントになります。
次に、運転方法も重要な要素となります。走行中に、積荷が大小の地震に遭遇するような振動や衝撃を受けることは避けられないとしても、急ブレーキ、急発進、急旋回走行などの回数が多ければ多いほど、それによって積荷の変形や固縛の緩みなども増大し、荷崩れの発生に繋がります。

 
引用参照 鋼材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック 改訂版


ISO9001 認証取得 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 運搬ブログ