株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

重量物輸送における自然環境変化での事故防止対策


雨、風、雪、霧などの気象変化は、予測技術の進歩によって、事業者が時間や場所を特定した運行管理指導ができるようになってきました。一方、1995年に起こった阪神・淡路大震災や2011年の東日本大地震、2016年の熊本地震などでは、大型地震の具体的予知が不可能であることを体験し、その対応の難しさと甚大性が明らかになりました。重量物輸送は今日まで、諸作業の基準化(標準化)を進めて参りましたが、改めて常日頃の体感訓練・現場教育の重要性と妥当性を再確認しました。

雨天

雨が降り始めてからしばらくの間が、もっともスリップしやすく事故が多発します。サイドミラーの水滴や前車があげる水しぶきに酔って視界が遮断されることによって事故に繋がります。雨天の夜間に、対向車の光と自車の光が乱反射して見えなくなる現象「グレア現象」が発生し、事故が発生した事例もあります。路面が濡れている時に、ジャックナイフ現象を引き起こした事故事例も報告されています。

雨天時の事故を防止するポイント

スピードの減速と、長めの車間距離をとることが最大の事故防止になります。ブレーキ操作は、ジャックナイフ現象を引き起こす可能性があるため、適切に、慎重にブレーキ操作を行うことが大切です。速度規制表示板などの指示を厳守するとともに、進路変更は原則禁止されています。大雨の時は、安全な場所に一時避難して管理者との連絡を密に取りましょう。雨天時の走行中にタイヤが水の膜の上を走るように滑走し、ハンドルやブレーキが効かなくなる状態を、ハイドロプレーニング現象と言います。タイヤ溝の磨耗、水量の多さ、タイヤの空気圧不足、スピードの出し過ぎなどが原因になります。日々の点検でタイヤの状態なども確認しましょう。

降雪・積雪

雨天時にも視界が悪くなりますが、大雪や吹雪ではほとんど視界が見えなくなってしまいます。路面が非常に滑りやすく、特に、坂やカーブ、橋の上などは厳重注意が必要です。ちょっとしたハンドルやブレーキ操作でスリップしたり、ブレーキを踏んでも車が止まらずに追突事故やジャックナイフ現象が発生し、対向車線で激突する重大事故が発生してしまいます。交差点付近では雪が圧縮されてしまい、滑りやすく事故が多発しています。

降雪・積雪時の事故を防止するポイント

路面の凍結に注意して減速します。車間距離は普段の倍程度とり、サービスエリアやパーキングエリアで早めにチェーンを装着してください。雨天時と同様、視界が悪い時は安全な場所に一時避難するとともに、管理者との連絡を蜜に取りましょう。橋の上、トンネル出入り口、きり通し、日陰担っているところや、交差点付近などは路面が凍結しやすいので特に注意して通過しましょう。また、カーブや坂などではスリップしやすいため、特段の注意が必要です。ジャックナイフ現象やスリップ事故の原因となる急ブレーキや急ハンドルは厳禁です。
スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤに比べると雪道での走行性能は優れていますが、決して万能のタイヤではありません。スタッドレスタイヤをつけていても、雪道や凍結路では乾いた路面に比べると停止距離がかなり長くなります。また、急ハンドルや急ブレーキはスリップの原因となりますので、スピードを落として車間距離をとり、基本を守った運転が大切です。

濃霧

前方の視界が利かなくなり、前車の減速や停止に気づくのが遅れ、追突事故が発生したり、道路状況が把握できずに車線を逸脱してガードレールや側壁に衝突したり、転落する事故が発生しています。

濃霧時の事故を防止するポイント

霧が発生したら、徐々に減速します。ヘッドライト(下向き)やフォグライトを早めに転倒し、自車の存在を明確に知らせます。必要な場合にはクラクションを鳴らして、自社の存在を知らせます。ガードレール、センターライン、前者の尾灯を目印にして走行しましょう。窓を開けて音を聞き、他車の動きを目と耳で確認しながら走行しましょう。濃霧がひどい時には、安全な場所に一時避難するとともに、管理者との連絡を密に取りましょう。

強風

強風時における車両店頭事故は、車幅に対して車高の高いバン型車両に発生するケースが多いです。重量物輸送車両ではパイプなどのかさばる製品の積載時は特に注意が必要です。同時に、気象予報、警戒、警報などの事前情報の把握に努めることが大切です。強風で車が流される事故や、慌ててハンドルを切り返したり、急ブレーキを踏むために発生する事例が多いです。紙くず、シート、その他資機材の飛来物がフロントガラスを覆ってしまい、視界を遮り事故を引き起こす可能性があります。

強風時の事故を防止するポイント

ハンドルをしっかり握って、ハンドルを取られないようにして減速します。車両規制がある時は、その指示に従って注意を喚起し走行します。橋の下、トンネル出入口、切り通しなどは強風が吹きやすいため、注意して減速走行します。シートがめくれたり資機材が落下することを防止するために、他車両や道路などにい危害を与えないように走行しましょう。台風襲来や強風状態が続く場合は、安全な場所に一時避難するとともに、管理者との連絡を密に取りましょう。

地震・津波

阪神大震災や東日本大地震、熊本地震に遭遇して、直下型地震の恐怖と甚大な津波被害を経験しましたが、現代科学では地震が起こる場所や時間を特定できないことも実証されました。この未曾有の大自然震災に対する完璧な防災は不可能に近く、現時点においては日常的な教育や訓練を実施し、減災対策に取り組むことが最も現実的です。

地震・津波時の事故を防止するポイント

運転中に大きな揺れを感じた時は、ハンドルをしっかり握り前後の車に注意しながら、徐々にスピードを落として道路の左側に停車します。エンジンを切り、揺れがおさまるまでは車外に出ないようにし、ラジオなどからの正確な情報を入手します。避難の必要がある場合は、車のキーはつけたまま、窓を閉めたままロックをしないで避難します。連絡先を見えるところに書き、車検証などの貴重品を持って現地の指示に従い避難します。緊急車両の走行に支障がないように最善の駐車対策を実施します。本震がおさまった段階で、公衆電話、NTT災害伝言ダイヤル(171)、携帯電話の災害伝言ダイヤルなどを通じて管理者に状況を連絡し、連絡が取れない場合はあらかじめ定めた方法によって対処します。自分の安全確保を最優先し、可能な範囲で周囲の支援活動を行いましょう。

 

引用参照 鋼材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック 改訂版


ISO9001 認証取得 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 運搬ブログ