トラック・トレーラードライバーのためのエコドライブ4


トラックやトレーラーの安全な軽量化はエコドライブに繋がります。

燃費の良い車両で安全運転しましょう。

車両及び仕様の選定の軽量化による効果

車両を軽量化するとその分燃費は良くなります。

特に、空車や積載量が少ないときは、さらに燃費の向上が大きくなります。

空車時は実車時に比べて30〜40%程度燃費が向上します。

実車時より空車時の方がエコドライブの燃費改善効果が大きいということです。

 

トラックに使われている部材の軽量化

荷台の縦根太、横根太のアルミ材使用、荷台の軽量板材の使用、荷台への鉄板敷きの排除、タイヤホイールやサイドバンパーのアルミ材使用、幌ウイングの採用など車両の用途を踏まえた軽量化部材や仕様を検討しましょう。

 

トラック部材の軽量化に必要なこと

  • 荷台への鉄板敷きの排除
  • 荷台の縦根太、横根太のアルミ材使用
  • 荷台の軽量板材の使用
  • アルミホイール、サイドバンパーのアルミ材使用

 

燃料タンク・タイヤ・工具類の軽量化

過大な容量の燃料タンクは、燃料やタンク自体の重量により車両が重くなりその分燃費が悪くなります。

従って、燃料タンクは使用する車両の特性を考慮して、過大なものとならないようにしましょう。

タイヤのパンク発生率、タイヤパンク時におけるドライバーのタイヤ交換の実績、チューブレスタイヤ装着によるパンク発生率の減少などを考慮して、スペアタイヤ及びタイヤキャリアを装着しない検討をしましょう。

車両技術の向上などにより、近年では故障も少なくなっており、工具を使用する機会も少なく、工具箱についても取り付けの必要性の有無を検討しましょう。

また、作業内容によっては不必要な諸機材(荷締機、ローラコンベア、タイヤチェーンなど)についても、こまめに取り卸しをすることが必要です。

 

燃料タンク・タイヤ・工具類の軽量化

諸機材

作業内容によっては不必要な諸機材(ローラコンベア、タイヤチェーンなど)についてもこまめに取り卸しをしましょう。

 

  • 燃料タンク

使用する車両の特性を考慮して過大なものにならないように注意します。

 

  • 工具箱

取り付けの必要性の有無を検討しましょう

 

  • スペアタイヤ タイヤキャリア

パンク発生率、パンク時のドライバーのタイヤ交換実績、チューブレスタイヤ装着によるパンク発生率の減少などを考慮し装着しない検討をしましょう。

af30b516ab2bc4729615c701e5ecfedf_s

タイヤの種類

タイヤには、バイアスタイヤとラジアルタイヤの2種類があります。

ラジアルタイヤはベルトにより補強されているため回転時の変形が少なく、バイアスタイヤよりころがり抵抗が小さいので燃費が良くなります。

さらに同じラジアルタイヤでもチューブレスタイヤは、チューブ付タイヤに比べて軽くて、偏平率が小さいため変形量が少なく、その分燃費が良くなります。

又、チューブ部分が無いためパンクやエア漏れに対する安全性も高いといえます。

 

タイヤのパターン

使用する車両の用途を考えてタイヤのパターンを選定しましょう。

例えば、一般の舗装路や高速道路を主に走行する車両には、リブ型のチューブレスタイヤを装着することで燃費の向上が図れます。

 

リブ

  • 操縦性、安定性が良いです。
  • 転がり抵抗が少ないです。
  • タイヤ音が小さいです。
  • 高速道、舗装路走行用です。

 

リブラグ

  • リブとラグの凡用パターンで、両方の特徴を備えています。
  • ダンプ、ミキサ、地場カーゴ用です。

 

ラグ

  • 駆動力、制動力に優れています。
  • 非舗装道路に向いています。
  • 中低速ダンプ、ミキサ用です。

 

ブロック

  • 積雪、泥濘地用です。
  • 駆動力、制動力に優れています。
  • オールシーズン(ダンプ除く)使用可能です。

 

エアロパーツ

エアディフレクタ(ウインドディフレクタとも)

エアディフレクタは、キャブとバン型荷台との高さの違いにより生じる空気抵抗を低減する装置です。

荷台がキャブより高い車両(バン型車)やキャブバックの広い車両に対してエアディフレクタを取り付けると、5〜10%の省燃費効果があります。

 

エアダム

車両の床下は、エンジンやサスペンションなどの突起があるため、強い空気抵抗を生じることになります。

この空気抵抗を低減する装置にエアダムがあります。

エアダムは、平ボデー車や特装車両に取り付けても効果があり、2〜4%の省燃費効果があります。

 

トラックやトレーラーでのエコにはさまざまな方法があります。

ドライバーの皆さんは自身のできることから活動しましょう。

 

引用参考 環境と安全に配慮した運転に向けたトラックドライバーのためのエコドライブ推進手帳

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

トラック・トレーラードライバーのためのエコドライブ3


トラックやトレーラーの点検はどのように行っていますか?

エンジンオイルなども定期的に交換しましょう。

適切に管理することで、燃費の良いエコドライブに繋がるのです。

日常の車両の維持管理を行いましょう。

エア・クリーナの目詰まり

エア・クリーナが目詰まりすると、吸入空気量が少なくなり、燃費が悪くなり出力が低下するだけでなく、黒煙の量が増加することになります。

エア・クリーナの目詰まりの状態をダストインジケーターなどによりチェックし、必要に応じて清掃又は交換しましょう。

噴射ポンプのノズル交換

噴射ノズルは、噴射ポンプによって高圧の燃料を高温、高圧の燃焼室内へ微細な霧状にして吹き込む装置です。

しかし、ノズルの噴射状態は、使用中に悪くなることがあり、燃費や環境に影響を与えるので定期的に調整したり交換する必要があります。

たとえば、エンジンを始動させた後しばらくしても黒煙がおさまらなかったり、積荷を載せて走行している際、エンジンに力がないと感じたら、専門の工場で噴射ノズルの点検を勧めます。

 

エンジンオイルの定期的な交換

走行距離などに応じて適切なエンジンオイルの交換が必要となります。

エンジンオイルを寿命以上に長く使うと、エンジンオイルの粘度が高くなり、エンジンを痛めるだけでなく燃費も3〜5%悪くなるのです。

交換予定距離や交換予定日を運転席にテープなどを貼って明示するとともに、その交換時期に達した時点で確実に整備管理者などに報告しましょう。

 

ディーゼルエンジン・オイルの交換時期の例

オイル別:一般道路/高速道路

 

鉱物油

  • DH-2 マルチグレードオイル:2 万〜 4 万 km/3 万〜 6 万 km
  • CF 級マルチグレードオイル:2 万〜 3 万 km/3 万〜 5 万 km
  • CD 級シングルグレードオイル:〜 1 万 km/1.5 万〜 2 万 km

 

合成油

  • DH-2 マルチグレードオイル: 〜 5 万 km/〜 10 万 km
  • マルチグレードオイル:〜 5 万 km/〜 10 万 km

 

 

エンジンオイルの選択

エンジンオイルは粘度が低いほど燃費が良くなり、粘度が高い程燃費は悪くなります。

また、粘度の低いエンジンオイルほどリング摩耗、メタル焼付、摩耗損失が早く始まるといわれています。

この相反するオイルの性能を同時に満足させるのが“マルチグレードエンジンオイル”で、低温では粘度が低く、高温では粘度が高いという特性を持っています。

マルチグレードエンジンオイルは、広い温度範囲で使用が可能です。

したがって、季節で使い分ける必要はなく、さらに始動性に優れており燃費改善効果も期待できるのです。

8d1a7c912c9c4bda005f4441765c0344_s

タイヤの空気圧と燃費

タイヤの空気圧が低いと、燃費は悪くなるといわれています。

空気圧が高いと燃費は良くなりますが、バーストなどが起きやすくなり、安全上の問題が生じることになります。

したがって、タイヤの空気圧は常に適正な範囲にしておかなければなりません。

タイヤの空気圧が適正な範囲にあるかをチェックしましょう。

チェックはタイヤが冷えた状態で必ずエアゲージを使って行いましょう。

 

タイヤの空気圧が高いと、次のような問題が生じます。

  • 1.・コード切れ及びバースト
  • 2.・タイヤ寿命の短縮
  • 3.・偏摩耗(センター摩耗)
  • 4.・乗心地の悪化

 

タイヤの空気圧が低いと、次のような問題が生じます。

  • 1.・内部発熱によるトレッド部とカーカス部のはがれ
  • 2.・タイヤ寿命の短縮
  • 3.・偏摩耗(片減り、肩落ちなど)
  • 4.・燃費の低下

 

タイヤの摩耗と燃費

摩耗したタイヤは、トレッドの動きが少なく、ころがり抵抗が小さくなるので、燃費自体は良くなります。

しかし、摩耗したタイヤは、濡れた路面などで滑り易く危険なため、摩耗の具合によって、適切に交換する必要があるのです。

 

タイヤの使用限度に係わる基準(タイヤの残溝 単位:mm)

80km/h以上の走行時/全般

 

  • トラック・バス用:3.2mm以上/1.6mm 以上(タイヤのスリップサインの高さ)
  • 小型トラック用:2.4mm以上/1.6mm 以上(タイヤのスリップサインの高さ)
  • 軽トラック・乗用車用:1.6mm以上/1.6mm 以上(タイヤのスリップサインの高さ)
  • 二輪自動車用:0.8mm以上/0.8mm以上
  • 規定法規:自動車局長通達:昭和58.10.1 保安基準第9条2項

 

さまざまな規定がありますが、自身の乗車するトラックやトレーラーについてはとくにきちんと把握しておきましょう。

 

引用参考 環境と安全に配慮した運転に向けたトラックドライバーのためのエコドライブ推進手帳

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

トラック・トレーラードライバーのためのエコドライブ2


トラックやトレーラーでのエコドライブは、まずはアクセルとブレーキの調整からはじまります。

エコドライブはそういった小さなことを積み重ねることが非常に大切なのです。

定速走行の励行

アクセルペダルとブレーキペダルをパタパタさせるような波状運転(加減速運転)は、定速走行と比べて燃費が非常に悪くなります。

走行中は無駄な加減速をやめ、できるだけ速度を一定に保つような運転をするように心掛けましょう。

先をよく見通して加速・減速を繰り返さないで済むように、安全な車間距離を保ち、定速走行に心掛けてください。

定速走行と10km/ h前後の波状運転(加減速運転)の違いで、燃費は約10%の差が出ます。

 

エンジンブレーキの多用

ディーゼル車は、走行中にアクセルペダルを離しエンジンブレーキの状態とすると、エンジンに燃料が行かなくなる(燃料は無噴射)ので、燃料は消費されず車は惰力だけで走行することになります。

このエンジンブレーキの状態での惰力走行をうまく取り入れて走行することが、エコドライブにつながります。

下り坂や信号の手前では、早めにエンジンブレーキを使って、惰力運転で減速しながら必要最小限度のフットブレーキをかけることが、エコドライブのコツです。

なお、クラッチを切ったり、ギアをニュートラルにして惰力走行すると、アイドリング状態(燃料は噴射)となるうえ、エンジンブレーキもきかない状態になってしまうことになるので注意しましょう。

ギアをニュートラルにしたり、クラッチを踏み込むのは、停止する直前まで待つようにしましょう。

 

経済速度の厳守

経済速度とは、交通の円滑な交通流を乱すことなくできるだけ低いエンジン回転数で効率良く走れるスピードのことをいいます。

たとえば、周囲の交通状況などから経済速度が50km/h というとき、あえて60km/h に速度を上げた例でみると、燃料消費量は約10%も多くなってしまうのです。

高速道路などでも、必ず制限速度を厳守するようにしましょう。

0bf9bbf3587e072a82df24a00921672f_s

予知運転による停止・発進(ストップアンドゴー)回数の抑制

停止した車両は、再度発進するときに加速するが、加速するときは、登り坂を走行するのと同じくらい多くの燃料を消費します。

この停止・発進(ストップアンドゴー)の回数を減らす運転をすることがエコドライブにつながります。

信号や交通状況の変化など先を見越した運転(予知運転)を実践して、できるだけ停止・発進(ストップアンドゴー)の回数そのものが減る運転に心掛けるようにしましょう。

 

無駄な空ぶかしの抑制

トラックは、1回の空ぶかしで、次のように燃料を無駄づかいしています。

  • 大型車:10〜12cc
  • 中型車: 5〜 7cc
  • 小型車: 3〜 5cc

たとえば、大型トラックの燃費が3km /ℓ(1ccで3m 走行できる)とすると、1回空ぶかしをするだけで、30〜36m 走行できる燃料を無駄にしていることになるのです。

空ぶかしは、ドライバー個々人のクセとも言われるが、日常的に空ぶかしをしないよう、注意を繰り返すことが大切です。

 

必要最小限のアイドリング

荷物の積み卸しや休憩時間にエンジンをかけたまま車両を放置しておくと、燃料を無駄に消費するばかりでなく NOx や PM などの大気汚染物質をより多く排出することになります。

こうした無駄なアイドリングをとめることが社会的な要請になっているのです。

特に、市街地におけるアイドリングは、近隣住民の方々の苦情が多いため、さらに徹底する必要があります。

サービスエリア、パーキングエリアでのアイドリングは、騒音、臭気などで社会問題となっており、必要最小限のものとしなければなりません。

住宅などが隣接しているような場所では、アイドリングストップだけでなく、騒音や駐車マナーなど地域環境への配慮も心掛けましょう。

荷物の積卸し、集配待ち、休憩などでは、確実にエンジンをストップさせてください。

暖機運転は、必要最小限の時間に抑えましょう。

なお、冬期でも10分以下に抑えるようにしましょう。

 

エコドライブは、公共のマナーにも繋がります。

トラックやトレーラーでの丁寧な運転を心がけるようにしましょう。

 

引用参考 環境と安全に配慮した運転に向けたトラックドライバーのためのエコドライブ推進手帳

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

トラック・トレーラードライバーのためのエコドライブ


運送業界に限らず、車好きなドライバーの皆さんは、エコドライブという言葉をよく耳にするかと思われます。

トラックやトレーラーで走行するときにも、同じようにエコドライブを行いましょう。

エコドライブの効果

エコドライブとは、

  • 環境にやさしい運転による環境保護、資源保護、経済的利益の追求
  • 穏やかな運転を心掛けることによる安全性の追求

をしようとする運動に由来しています。

すなわち、排出ガスの抑制、事故防止、経営コスト削減など「環境」、「安全」、「経営」の3つの効果を期待するもので、環境対策の中でも重要な取り組み課題として位置づけられているのです。

 

エコドライブとは、[穏やかな運転]です。

穏やかな運転を行うことで、

  • 環境対策
  • 地球温暖化防止
  • 大気汚染防止
  • 資源保護
  • 安全確保
  • 事故防止
  • 経営改善
  • コスト削減

などの効果が得られます。

 

大気汚染問題

自動車から排出される主な大気汚染物質のうち、

  • 窒素酸化物(NOx)→ 約8割
  • 粒子状物質(PM)→ すべて

がディーゼル車から排出されています。

こうした大気汚染物質は、大都市や主要幹線の周辺住民に、呼吸器系疾患などの形で健康に影響を及ぼすとされていて、今や大きな社会問題となっています。

 

事故防止

エコドライブの基本は、穏やかな運転に徹することです。

すなわち、

  • 急発進、急加速を避ける

だけでなく、

  • 発進・停止回数そのものを抑えるため、先を見越した予知運転をする

ことで、これが事故防止、とりわけ追突事故の防止に大きく役立つことがわかっています。

エコドライブにより事故を未然に防止できれば、事故そのものだけでなくその処理にかかる損失や費用の削減にもつながるのです。

 

大きなウェイトを占める燃料費

燃料費は、人件費に次いで占める割合の大きな経費です。

エコドライブの徹底により環境対策の貢献だけでなく、コスト削減などの経営上のメリットも期待できるのです。

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

あなたのエコドライブ度チェック

1ヶ月に一度は、次のようなエコドライブ度チェック表を作成して、自分自身のエコドライブ度を確認する事が大切です。

 

①おだやかな発進と加速

  • 急発進、急加速、急減速はしない
  • 早め早めのシフトアップに心がけている

 

②一段上のギアで走行

  • エンジンの回転数を低く押さえて走行している
  • できるだけ高速段のギアを使って走行している

 

③定速走行の励行

  • 波状運転(加減速運転)はしない
  • 安全な車間距離を保ち、定速走行に心がけている

 

④エンジンブレーキの多用

  • エンジンブレーキを使い、惰力走行に心がけている

 

⑤経済速度の厳守

  • 安全速度での走行に心がけている
  • 無駄な走行はしないように心がけている

 

⑥停止・発進回数の抑制

  • 停止、発進の回数を減らす運転に心がけている

 

⑦空ぶかしの抑制

  • 日常的に空ぶかしをしないように心がけている

 

⑧必要最小限度のアイドリング

  • 無駄なアイドリングを続けないようにしている
  • 暖機運転は3分以内に抑えている
  • 積卸し時、停車時のエンジンストップの励行

 

⑨タイヤの空気圧

  • タイヤの空気圧には日頃気を使っている

 

⑩車両に負担をかけない

  • 無駄な機材・資材などは積まないようにしている
  • エアコン・ヒーターなどの使用を抑えている

 

おだやかな発進と加速

車両をスタートするときの急発進、急加速は、通常の走行に比べきわめて燃費が悪くなります。

ゆっくり加速し早め早めにシフトアップしていくことが大切です。

ディーゼル車は、低回転域により大きいトルクを設定できるため、重い荷物を積んでもエンジンの回転数を上げずにスムーズな発進、加速が可能です。

こうしたディーゼル車の特性をよく理解して、できるだけグリーンゾーン下限の回転域を使って運転することが大切です。

 

シフトアップは早めの一段上のギアが常識

低速ギアのままスピードを上げると、エンジンの回転数がどんどん高くなり、その分燃費が悪くなります。

もし、大型車が5速でなく4速で、中・小型車が4速でなく3速でというように、一段下のギアに落として走行したとすると、燃費はそれぞれ20%〜40%も悪くなります。

シフトアップポイントをエンジン回転計のグリーンゾーンにおき、エンジン回転数をおさえて、早め早めの操作により、できるだけ高速段のギアを使用して走行しましょう。

 

周囲の人々や車や積荷、あるいはトラックやトレーラーに乗っている自分を大切にしようとすれば、自然と余裕を持った運転ができます。

余裕を持った運転はエコドライブに繋がります。

日々エコドライブをきちんと行うようにしましょう。

 

引用参考 環境と安全に配慮した運転に向けたトラックドライバーのためのエコドライブ推進手帳

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

省エネ運転ポイント2


トラックやトレーラーは、毎日たくさんの距離を走行しています。

ドライバーである皆さんそれぞれが、省エネ運転を行うことができればエコ活動にも大きく貢献できるのです。

アイドリングストップ運動を進めよう

荷待ち、休憩等でアイドリングしていませんか?

アイドリングの必要な時は、始動、停止直後の数分だけです。

アイドリングでの燃料消費量は、1時間当たりおおよそエンジンの排気量の1/10です。

夜間のアイドリング運転は、近所に騒音で迷惑をかけますので止めましょう。

 

交差点、横断歩道等や交通渋滞の中での一時停止でアイドリングストップをすることは安全上問題があり、また逆に交通渋滞を増やし、次の発進時に二酸化炭素の排出量が増加するおそれがあるので止めましょう。

 

発進、加速はゆっくりと

急加速発信すると燃費の悪い高回転部分を多く使うため燃費が悪くなります。

 

省エネ運転のポイントはアクセルを踏みすぎない

アクセルの踏み込みは大型車80%ぐらいです。

中型車50%ぐらいのイメージです。

 

シフトアップは回転計のグリーンゾーン内で行う

要はゆっくり加速することですね。

グリーンゾーンとは、エンジン回転計の目盛り部分に示された緑の帯を言い、適正なエンジン回転数の使用範囲を示しています。

 

空ぶかしはしない

騒音や大気汚染の原因にもなる空ぶかしは、燃費にとっても大敵です。

意識的でなくても長年のクセでつい、などという場合もありますので注意しましょう。

 

<大型トラックの空ぶかし>

大型トラックでは、1回につき約12ccの燃料を余計に消費します。

停車中1日20回の空ぶかしを行った場合、年間70もの燃料が無駄になります。

 

定速運転を心掛ける

ギアの選択は適切に(ギアチェンジは早めに)行いましょう。

定速走行で気を付けることは、

  • エンジン回転はグリーンゾーンで運転すること
  • 波状運転をしないこと

の2点です。

 

同じ速度でもできるだけ上のギアを使って走りましょう。

ギア位置による燃費の差は、1速変わると約10%燃費が変わります(多少ギアレシオで差が異なります)。

アクセルペダルを踏んだり戻したりする波状運転は燃費を悪くします。

アクセルペダルを一定にして走りましょう。

38e78fa7609246b219ebf27dfe20b5ad_s

減速には惰行運転を利用する

ブレーキのかけ方にもいろいろあります。

  • 通常のフットブレーキを使用
  • エキゾーストブレーキを使用
  • リターダーを使用

 

これらのブレーキを使用した時、エンジンはタイヤ、クラッチを通して回されていますが(エンジンブレーキの状態)ディーゼルエンジンでは、燃料を消費しません。

早めにエンジンブレーキを使って惰行運転で減速しながら、最小限のフットブレーキをかけることが、省エネのコツです。

リターダーはブレーキが良く効くので、スイッチを入れ放しにすることが多くなりがちですが、この場合ギアチェンジごとにリターダーが作動しブレーキをかけてしまい、燃費を悪くしますので、スイッチは減速する時に入れて下さい。

 

高速走行では車速を抑える

高速で走るということは風の抵抗に打ち勝って走ることです。

例えば80km/hの所を120km/hで走ると約120psの力を余計に使うことになります。

この分燃費が悪くなるわけです。

その結果車速を10km/hアップすると燃費は約7~8%悪化します。

車速を抑えて走りましょう。

 

タコグラフ

タコグラフを解析することは、省エネ運転の目安にがぴったりです。

タコグラフは2種類

  • アナログ式タコグラフ:円形のチャート紙にアナログ式に運行情報を記録する。
  • デジタル式タコグラフ:メモリーカードにデジタル式に運行情報を記録する。

 

アナログ式タコグラフでできるエコドライブ・チェック

  • チェック項目
  • 車速の変動
  • エンジン回転の変動
  • 長時間のアイドリング

 

デジタル式タコグラフでできるエコドライブ・チェック

デジタルタコグラフ、解析ソフト、燃費管理の3つを組み合せることで、具体的な数値を使って、エコドライブの分析・指導が可能となります。

  • チェック項目
  • 走行時間/休憩時間、アイドリング時間を除く実走行時間
  • 走行距離/上記時間に対する走行距離
  • 最高速度(一般、高速)
  • 平均速度(一般、高速)
  • 速度オーバー時間(一般、高速)/車種に合わせ、一般道路、高速道路における適切な速度基準値を設定
  • 速度オーバー回数(一般、高速)
  • エンジン回転オーバー時間(一般、高速)
  • エンジン回転オーバー回数(一般、高速)
  • 急発進、急加速、急減速回数
  • アイドリング時間
  • 連続走行時間/駐車、交代等で運転を中断しない時間(いわゆるハンドル時間)
  • 燃費/給油量等の記録(燃料消費量)及び走行距離から日常の燃費を算出、管理

 

省エネ運転を行うことは、会社や地域のみならず、国、世界からも推奨されています。

これからもエコドライブを行いましょう。

 

引用参考 省エネ運転マニュアル

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!