株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

お問合せ
お問合せ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ!

受付 平日 9:00~18:00 お気軽にお問い合わせください

アースデーと交通・自動車環境


 
皆様は「アースデー」に 何かされていますか?
 
本日4月22日は「アースデイ(Earth Day)
地球や環境のことを考え、美しい自然環境に感謝する1日とされています。
 
1970年、まだ環境問題について声を上げる政治家もいない頃
アメリカのネルソン上院議員が「環境問題についての討論集会」の開催を呼びかけ、
4月22日開かれたその集会にて「4月22日を地球の日(アースデイ)とすること」としました。
 
その集会は史上最大のイベントとされ
2000万人ものアメリカ市民が参加したと言われています。
 
ニューヨークでは10万人以上が セントラルパークのエコロジーフェアに来場したほか、
国会は異例の休会とされ、国会議員自らも環境関連の会合に参加したり演説を行ったりしたと言います。
公共放送、3大テレビネットワークでは
全米各地のイベントを実況中継したり、
多くの全国紙や地方紙も環境問題を特集しました。
 
以降、地球の環境保護への支援を示すための毎年恒例のイベントとなり
現在では世界193カ国以上で10億人以上の人が幅広い種類のイベント等に参加していると言います。
 
地球環境の問題点というと
地球温暖化 、気候変動、森林破壊、酸性雨、砂漠化、
大気汚染、海洋汚染、土壌汚染等々
様々な問題が山積しています。
 
幅広い問題だけに それに関わる企業も
例年イベントや啓発活動に携わることが活発になっています。
 

●日本でのアースデー

 
日本でも各地で様々な企業やグループによる
アースデーイベントが開催されています。
 
シンポジウムセミナー、
ライブコンサート、記念植樹、ごみ拾い、フリーマーケット等の他
オンラインや配信といったでの参加方法もあり
コロナ禍でも参加できる取り組みも進んでいます。
 
今週末にも各所でイベントが開かれていますので
検索してみてはいかがでしょうか
 
日本最大級のイベント

「アースデー東京2022」のWEBはこちら

https://earthday-tokyo.org/earthday2022/
 
 

 

●自動車・交通関連のアースデー

 
日本の銀座等で歩行者天国がスタートしたのも
ニューヨークのアースデーがきっかけだったとも言われています。
 
1970年の集会の日に 排ガスに汚されていない空を取り戻そうと
ニューヨークの五番街で自動車を一斉に締め出しました。
 
その活動をきっかけに

同年8月に東京の銀座、新宿、池袋、浅草の4大繁華街の目抜き通りで
車道が歩行者に解放される試みがされました。
銀座では普段の日曜日の10倍にあたる23万人が訪れたとされています。
 
この頃の日本では 急激な自動車の普及に
車道と歩道の分離などの安全対策が追い付かず
また交通安全の意識も高くなかったことから交通事故死が大変多い時代背景がありました。
 
そして歩行者天国が実施された道路は、
道路の一酸化炭素や騒音が激減し、環境に良いことが実証され、
成功を収めたことが大きな話題となったことから、全国の都市へと広まっていきました。
 

 
毎年 自動車メーカーもこのアースデーに
環境に配慮した新車を発表するといった傾向も見られます。
 
今年はフィアットが
環境にも配慮したリサイクル素材を使ったシートを開発し、
そして
女性がもっと活躍できる社会づくりに貢献したいと考えから
女性が乗りやすい車を発表したり、
サステナブルなカーライフを提案しています。
 
また 昨年のアースデーには
アメリカの電気自動車メーカーテスラ社のCEOが
1億ドルの賞金を拠出して
大気や海水中から二酸化炭素を回収する技術開発を競うコンテストの詳細を発表し
4年間かけて参加団体がCO2回収の技術を競うことを働きかけたことも話題になりました。
 

 
少しでも地球や環境について思いを馳せ、
それぞれのライフスタイルに合わせて実施できる
ちょっとしたエコ行動を起こすきっかけとして、アースデイを利用してみてはいかがでしょうか

 
 

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から


UKAS ISO9001 認証取得 CM009 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 ホワイト物流推進運動 j-goodtech 運搬ブログ