株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

お問合せ
お問合せ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ!

受付 平日 9:00~18:00 お気軽にお問い合わせください

トラックの日


昨夜 22時41分頃、最大震度5強を観測する地震が 東京や埼玉他 関東地方で発生しました。
被災された方におかれましては 心よりお見舞い申し上げます。

このような大きな地震は 東京では東日本大震災以来10年ぶりとなり
政府は大きな被害は発生していないと発表していますが
発生後は 停電や断水等も。
現在もなお 首都圏のインフラに影響を与えており
今後も余震に注意が必要と気象庁が呼びかけています。

ハンドルを握るドライバーの皆様におかれましては
余震への注意はもちろん、この機会に車載用の防災グッズの見直しなどをして
万が一に備えましょう。

また揺れの強かった地域では、
落石や崖崩れなどの危険性が高くなっており、今後の雨にも注意が必要となります。
付近を走行する予定の方は 天気予報などでチェックしておきましょう。

ところで

明日 10月9日は「トラックの日」

「ト(10)ラッ ク(9)」の語呂合わせですね!

全日本トラック協会と47都道府県トラック協会では
交通事故防止・労働問題・環境問題に取り組んで地域社会に愛される業界をつくることを目的として
平成4年からこの日を「トラックの日」と定めました。

日本国内の貨物輸送量は47億トン
そのうちの9割がトラック輸送を占めています。
そして、日本の物流の主役であるトラック輸送を支えているのが、6万を超える事業者で構成される営業用トラックの運送業界で
日本の基幹産業として国民生活と経済を支えるライフラインの役割を担っています。

トラック協会は 各都道府県ごとに組織されており、
その中央団体が この「トラックの日」を定めた全日本トラック協会ということになります。
1954年に設立されたこの「全日本トラック協会」は
よりよい輸送サービスの提供を目指して、運賃・税制・法規など事業者の必要とするあらゆる分野を事業対象に、事業活動を展開しており、明日の「トラックの日」のイベント活動も後押ししています。

「トラックの日」には 毎年全国各地で多彩なイベントを繰り広げ
緑ナンバーのトラックの役割や重要性を社会にアピールすることとしています。

●今年のトラックの日PRイベント

新型コロナウイルス感染症の影響により、開催を中止する協会もありますが

オンラインや郵送での受付で募集したトラックにまつわる絵画やポスターのコンクールなどの他にも

熊本県では、
コロナ禍で出かける機会も少ない子供たちに笑顔になってもらうため、感染防止 対策の観点からソーシャルディスタンスを踏まえたドライブインシアターを開催
事前応募による抽選になります

宮城県では
地元サッカーチームの試合に
京都でも
地元のバスケットボールチームの開幕戦に招待したり

この機会に、コロナ禍においても皆様の生活必需品を運搬する等、その社会的使命を全うしているトラックドライバーが、エッセンシャルワーカーがいることを思い浮かべていただき、少しでもトラック業界に興味をもっていただければ幸いです。

☆トラックの日のイベント一覧はこちら

https://jta.or.jp/wp-content/uploads/2021/09/truckday2021event.pdf
 

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から


UKAS ISO9001 認証取得 CM009 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 j-goodtech 運搬ブログ