株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

トラック運行管理業務「点呼」


トラックやトレーラドライバーの皆さんは、点呼の重要性をご存知でしょうか?

点呼は、基本的に対面式で行いますから、安全のための諸連絡のほかにも皆さんの体調など、さまざまなことが確認できます。

 

交替運転者の配置

運転者が長距離運転または夜間の運転に従事する場合に、疲労等により安全な運転を継続することができないおそれがあるときは、あらかじめ、交替するための運転者を配置しておかなければなりません。

 

交替運転者

「貨物自動車運送事業の事業用自動車の運転者の勤務時間及び乗務時間に係る基準(平成13 年国土交通省告示第 1365 号)」で定められた条件を超えて引き続き運行する場合は、交替運転者の配置が必要になります。

具体的には、次のような場合が該当します。

・拘束時間が 16 時間を超える場合

・運転時間が 2 日を平均して 1日当たり 9 時間を超える場合

・連続運転時間が 4 時間を超える場合

 

交替運転者の配置とは

交替運転者をあらかじめ同乗させる(1台の自動車に 2 人以上乗務させる)、または交替箇所に予め待機させることをいいます。

 

点呼の実施

点呼は、運行上やむを得ない場合を除き、対面で実施することが基本です。

点呼には、乗務前点呼、乗務後点呼及び乗務途中点呼(以下「中間点呼」という。)があり、各々その実施内容が定められています。

点呼時は、運転者に対し報告を求め、安全確保に必要な指示を出すだけでなく、酒気帯びの有無を確認しなければなりません。その際、事業者は、酒気帯びの有無を目視等で確認するだけでなく、アルコール検知器を用いて酒気帯びの有無の確認をしなければなりません。

対面による点呼(乗務前、乗務後の両方)を行うことができない場合は、乗務前、乗務後のほか、乗務の途中に少なくとも 1 回の点呼を行うことが義務付けられている(2 泊 3 日以上の運行の場合)。この場合は、「運行指示書(正)(副)」を作成し、運転者に「運行指示書(正)」を携行させなければなりません。

運行計画に変更が生じた場合、運行管理者は変更内容を「運行指示書(副)」に記入するとともに運転者に指示を行います。同時に運転者は、変更内容を「運行指示書(正)」に記入するとともに「運行指示書(正)」を携行しましょう。

事業者は、酒気を帯びた運転者を事業用自動車に乗務させてはなりません。また、運転者も、酒気を帯びた状態にある時は、会社に申し出なければなりません。

点呼とは

運行管理者は、乗務前点呼を実施し、運転者から本人の健康状態や酒気帯びの有無、日常点検等の報告を求め、それに対して安全を確保するために必要な指示をしなければなりません。

乗務終了後には乗務後点呼を実施し、乗務した自動車、道路、運行の状況、酒気帯びの有無、ほかの運転者と交替した場合には、交替運転者との通告について報告を受けなければなりません。しかし、乗務前、乗務後のどちらかが、やむを得ず対面で点呼ができない場合は、電話その他の方法で点呼を行います。

また、長距離運行等により乗務前・乗務後のいずれの点呼も対面で行うことができない場合は、乗務の途中で少なくとも1回電話その他の方法により点呼を実施しなければなりません。

「運行上やむを得えない場合」とは、遠隔地で乗務が開始または終了するため、乗務前または乗務後の点呼が営業所において対面で出来ない場合のことを指し、車庫と営業所が離れているとか、早朝、深夜等のため点呼執行者が営業所に出勤していない場合等は該当しません。

「その他の方法」とは、携帯電話、業務無線等運転者と直接対話できる方法を指し、電子メール、FAX 等一方的な連絡方法は、該当しません。また、電話その他の方法による点呼は、運転中に行ってはいけません。

 

点呼場所

点呼場所をどのような所に定めるかは、決まった定義はありませんが、重要な点呼を騒々しい所で実施するのは好ましいことではありません。事務員やほかの運転者から見えず、運転者の点呼がスムーズにいくような独立した所が理想です。

そして、点呼場所には、点呼要領を表した掲示、指導の重点事項、時計、鏡、運転者の立つ位置の表示及び必要な帳簿類の備え付け等環境作りが必要です。

 

普段、点呼を行う場所はどうでしょうか。

運行管理者の方は、改めて見直してみても良いかもしれません。

 

引用参考:「運行管理業務と安全」マニュアル

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から


UKAS ISO9001 認証取得 CM009 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 j-goodtech 運搬ブログ