株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

お問合せ
お問合せ

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ!

受付 平日 9:00~18:00 お気軽にお問い合わせください

新型コロナの影響~郵便


 
皆様は パソコンやスマートフォンが普及し始めてから
誰かと連絡を取る際には メールやSNSを利用することが一般的となり
直筆で手紙を書いたり
切手を貼って葉書をポストに投函したりする機会は
年々減っているという方がほとんどではないでしょうか。
 

●配送のはじまり「飛脚」●

 
 
古くは 600年代の飛鳥時代には 手紙や品物は 「伝馬(てんま)」という馬により運ばれ
その約500年後の鎌倉時代になると「飛脚」が登場するようになりました。
 
当初飛脚は 武士が利用していましたが、
戦国時代には 勢力争いが絶えない時代背景から
飛脚の役割も人目を忍ぶ「密使」であったことが少なくなかったため
業態化することはありませんでした。
 
ようやく江戸時代になると幕府によって 飛脚制度が整備され
幕府の文書を運ぶことができるのが「継飛脚」とされ、
大名が利用するのは「大名飛脚」、庶民が利用するのは「町飛脚」と区別されました。
東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道の5つの道である「五街道」や、
宿場も整備され 交通基盤も整えられました。
 
飛脚は 東京~大阪間の約500㎞を
宿駅のある約10㎞交代のリレー輸送で
3,4日で走ったと言われています。
もちろん荷物を運ぶ際は 馬を使用しました。
 
現在の「速達」や「指定日到着」のようなプランもあったようですが、
舗装されていない道や山道に加え
天候の悪化や河川の増水による足止め、地震などの天災から
窃盗や盗難、荷物の引継ぎの渋滞などによる延着や不着、紛失もあったそうです。
 
 


 ●郵政記念日●

 

 先日の4月20日は「郵政記念日」という日でした。
 
長きに渡り続いてきた飛脚制度に代わり
1871年4月20日に郵便制度がスタートしたことから
この日が記念日とされています。
 
この郵便制度の構築に尽力したのは
1円切手の肖像でも知られる「日本近代郵便の父」、
前島密(まえじまひそか)官僚です。
 
新型コロナ以前には この記念日に
「郵政博物館」で前島密展などのイベントも行われていたり、
郵政関係者の表彰が行われていたようです。
 

●新型コロナと日本郵便●

 
 
確かに現在では 手紙は書く機会が減り
年賀状ですら発行枚数も減少傾向にありますが
新型コロナは 日本郵政にも影響を及ぼしました。
 
昨年 皆様のお手元にも届いたかと思います、
通称「アベノマスク」。お使いになりましたでしょうか。
1世帯2枚ずつ配送されたこのマスクは
全国1100の郵便局に納入され、
配達員10万人規模で
配送先は 別居世帯宛てなどを含め約6300万ヶ所という
大規模な国家配送になりました。
 

 
また 新型コロナの影響による 売上も厳しいものでした。
海外のコロナ情勢からの国際郵便物の引受停止や
国内の経済活動の停滞から郵便、ゆうメールの取り扱い数の減少で苦戦している中
ゆうパックは利用増と健闘しています。
 
感染拡大を防ぐ為の「巣ごもり」自粛生活で
インターネット通販やフリマアプリの利用率が高まり
家に居ながら買い物をして 商品が家に届く
というシステムの業種は コロナ禍で需要を拡大させ
軒並み売り上げを伸ばしています。
自粛傾向がまだまだ続きそうな現況ととともに
個人や一般家庭の配達には 繁忙期を伸ばしそうです。
 
 

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から


UKAS ISO9001 認証取得 CM009 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 j-goodtech 運搬ブログ