株式会社 岩瀬運輸機工

岩瀬運輸機工は、超精密重量機器の特殊輸送・搬入・据付業者として
輸送の提案・改善・開発に取り組む国際的物流事業者です。

電話番号

Japanese
English

物流~コンテナ貨物とトラック輸送


国際海上コンテナ貨物の流動を把握することにより、

効率的な物流体系を構築するための港湾政策の企画立案、港湾整備計画の検討等に活用することを目的とし

国土交通省港湾局では、

我が国発着の国際海上コンテナの流動を詳細に把握するため、

5年に1度、「全国輸出入コンテナ貨物流動調査」を実施しています。

平成30年度版の発表はまだですので

平成25年版を見てみましょう。

 

●調査内容●

 

調査範囲:国際海上コンテナ貨物の以下の流動実態

(輸出)国内の生産地から海外の仕向国までの流動実態

(輸入)海外の原産国から国内の消費地までの流動実態

調査期間:平成25年11月1日から30日までの1ヶ月間

調査対象:上記期間中に通関申告が行われる海上コンテナ貨物全量(ただし、空コ ンテナの流動は含まない)

 

●調査結果●

 

(1)貨物量 ・ 輸出コンテナの貨物量は 692 万トン

前回(平成 20 年 11 月)は、507 万トンであ り、

今回大幅に増加(36.6%増)。

輸入コンテナの貨物量は 1,098 万トン。

前回は、828 万トンであり、

今回大幅に 増加(32.7%増)。

 

(2) コンテナ貨物をやりとりする相手地域 ・ 地域別にみると、東アジア州、その他アジア州、北アメリカ州の順に貨物量が多い。

前回調査と比較すると、東アジア州は 44%増、その他アジア州は 43%増、北アメリ カ州は 13%増、ヨーロッパ州は 19%増。

相手地域ごとのコンテナ貨物量 (トン)

平成20年      平成25年

東 ア ジ ア 州      6,420,470      9,233,863
その他アジア州     2,808,733      4,029,153
ヨーロッパ州      1,430,089      1,699,178
北アメリカ州      1,823,021      2,059,926
南 ア メ リ カ 州      350,260       352,294
ア フ リ カ 州       205,916       241,754
大 洋 州        303,741       289,897

この調査結果を見てみると、前回の調査に比べ、貨物量は大幅に増加しており、

コンテナ貨物をやりとりする相手地域ごとを見ても、

輸出、輸入とも前回より貨物量が増加しています。

海上運輸で取り扱う貨物の量は 増加の一途となっていますが、

国内での陸上運輸にも おのずとかなりの影響をもたらしています。

近年、船便での海上貨物輸送は、造船技術の向上も手伝い、

コストダウンのため、コンテナ船がどんどん大型化され、

少数の乗組員で、大量の海上コンテナを一度に運べるようになり、

日本を含め世界各国の港では、それに対応できるよう、日々設備の増強などを進めています。

一方で、陸上で海上コンテナを輸送するのは、

ほとんどがトラックになります。

通常一つのコンテナを1台のトラックに積んで運転するため、

それだけドライバーの人数が必要ということになります。

海上コンテナを陸送する場合、

専門知識と独特な運転技術が必要とされるため

大型と牽引の2つの自動車免許を所持しているドライバーでないと運転できません。

現状では ドライバーの全体の約40%近くを占めているのは

50~60歳代のベテランドライバーであり、

2006年にピークの92万人に達して以来、

ドライバー人口は下降し続けている。

この業界でも少子化の影響でドライバーの高齢化と人手不足は

今後も益々深刻になっていくと言わざるを得ません。

 

 

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から

 


UKAS ISO9001 認証取得 CM009 グリーン経営 認証 交通エコモ財団 Gマーク(安全性優良事業所)認証取得 j-goodtech 運搬ブログ