事故を未然に防ぐ日常点検整備


前回、車両火災事故を防ぐポイントとして、点検整備が最も重要であるということをお話し致しました。そこで今回は、日常点検と点検整備、給油脂についてご紹介いたします。道路運送車両法第4賞では、日常点検整備、定期点検整備、点検整備記録簿の管理を規定しています。重量物輸送の車両は、点検整備を適切に実施し、整備不良に起因する事故や配達遅延などの防止に努めなければなりません。

日常点検:ブレーキ(制動装置)

1. 乾燥路をゆっくり走行してブレーキペダルを踏み、効き具合に以上がないかを確認する。
2. ブレーキペダルを踏み、話した時のブレーキバルブからの排気音に異常がないかを確認する。
3. ハンドル方式の駐車ブレーキは、ワイヤーの引きしろに異常がないかを確認する。スプリングブレーキ方式のものは、コントロールバルブを操作し、スラックアジャスタの作動に異常がないかを確認する。
4. エアタンクの凝水はないかを確認する。
5. エアタンクドレンコックに漏れはないかを確認する。
6. エアホースのエア漏れや亀裂、損傷はないかを確認する。
7. キャブ内トレーラー用ABSウォーニングランプの点灯、消灯に異常がないかを確認する。
8. 空気圧が正常に上がるかどうかキャプ内の圧力計で確認する。
日常点検:車輪(走行装置)

1. タイヤの空気圧は適正化どうかを確認する。スペアタイヤについては必要に応じて点検する。
2. タイヤに亀裂、損傷はないか確認する。
3. タイヤに異常な摩擦はないか確認する。
4. タイヤの溝の深さは十分あるか確認する。
5. ホイールナットの緩み、脱落、折損などの異常はないか確認する。
6. ホイールナット付近にサビ汁が出た痕跡はないか確認する。
7. ホイールナットから突き出しているホイールボルトの長さに不揃いはないか確認する。

日常点検:連結状態(連結装置)

1. カプラジョー、レバーブレーキカップリング、ジャンパホース、ジャンパケーブル、ABSケーブル全ての連結状態に異常はないか、漏れ、損傷はないかを確認する。
2. 灯火装置、および方向指示器の点灯、または点滅具合に異常はないか、レンズの汚れや損傷やないかを確認する。
日常点検:その他

1. 補助脚の作動に異常はないか、内筒の格納状態に異常はないか確認する。
2. 補助脚の操作ハンドルは正規の位置に格納されているか確認する。
3. 車両付属品の搭載状態に異常はないか確認する。
4. 運行において異常が認められていた箇所に異常がないか再度確認する。

日常点検の順序

まず一番始めに、運行において認められた異常個所の点検から始めます。異常の点検整備を怠ると、重大事故に直結してしまいます。ジャンパホース、ブレーキカップリングやカプラジョー車両付属品などはメーカーが指定している点検期間で点検してください。タイヤ、ホイールナット、点灯装備および方向指示器、ブレーキ各種、スペアタイヤなどは必ず毎日点検してください。

最後に

前回の「重量物輸送における接触事故や火災事故の防止」でもご紹介しましたが、車両火災の原因として報告されている事例は、日常点検整備で防げるものが多数あります。例として、リレーエマージェンシーバルブ内の水分凍結、ホイールベアリングの焼きつき、スプリングチャンバの劣化、駐車ブレーキの解除忘れ、チャンバ不良によるブレーキドラムの過熱、スプリングチャンバの劣化などが、車両火災事故の原因として報告されています。日々の点検整備が、このような重大な事故を直接的に防げることを心に留め、プロドライバーとしての自覚を持って運行に臨んでください。

引用参照 鋼材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック 改訂版

重量物輸送における接触事故や火災事故の防止


65歳以上の高齢者の交通事故は、特に死者数では最も事故が多発している世代です。重量物輸送においても、高齢者や子供の行動特性を理解して防衛運転に努めなければなりません。

高齢者、子供との接触事故

深夜、早朝、夕暮れ時は、高齢者の散歩中などに横断や飛び出しによる重大事故が発生することが多いです。高齢者の服装は黒が多く、多くのドライバーの判断が遅れる原因になります。高齢者の横断禁止道路での横断、斜め横断、信号無視、歩行速度が遅いことなどによる事故が増えてきています。歩行中のみならず、高齢者の運転による事故が多発しているので、一層の注意が必要です。子供のとっさな動きや道路への飛び出し、学校の付近や集団下校時の事故も発生しています。車の空走距離や制動距離を含めた停止距離に関わる理解を深め、安全運転を心がけましょう。

接触事故を防ぐポイント

自転車に乗った高齢者や子供の側方通行の場合、十分な間隔を取りましょう。高齢者や子供の集まるところ、学校や公園、通学路などは極力避けて走行するように注意してください。高齢者の運転する車両を発見した時は、当該車両を先行させるか、できるだけ近づかない運転を心がけましょう。高齢者や子供を見たら減速して動きを注視し、予測しながら思いやり運転に努めてください。その際、後続車の追突にも配慮してください。

二輪車との事故

二輪車は、四輪車に比べて小さいため、ミラーの死角に入ることが多く、また車間のわずかな隙間をジグザグに走行することがあり、発見が遅れて重大事故につながるケースがあります。二輪車はバランスを崩して転倒しやすい構造です。雨や落ち葉、積雪などの路面状況や、大型車の風圧で転倒し重大事故が起こったことが報告されています。二輪車は、急な進路変更を行うケースが多く、また、急ブレーキによって転倒する確率が高いです。

二輪車との事故を防ぐポイント

右左折時や側方通行における巻き込みに注意し、前方の状況を予測しながら防衛運転、危険予知運転に努めてください。できるだけ二輪車を先に通行させるか、最徐行して接触や転倒、急激な進路変更などを想定して、徹底して防衛運転を心がけましょう。

車両火災事故

貨物自動車の車両火災事故は、年間に約400件ほど発生しており、年々増加する傾向にあります。車両火災は、車載の消火器で消し止めることはほぼ不可能で、消防活動に夜長時間の通行規制や周辺への延焼など、社会に多大な影響を与えます。また、積み荷や車両の焼損など、荷主や事業者にも多大な損失が発生します。制動装置や車輪、車軸などの整備不良が車両火災の主な原因です。日常的な点検や点検整備によって車両火災の防止に努めましょう。駐車ブレーキの解除を忘れ、ブレーキドラムとライニングが接触したまま走行することで、ブレーキドラムとライニングの摩擦熱で火災が発生します。ホイールベアリング回転部位のグリス不足や破損による動作不良などの摩擦熱で火災が発生します。

車両火災事故を防ぐポイント

まずは、日々の点検と点検整備が大変重要です。リレーエマージェンシーバルブの作動不良や凍結がないか確認します。スプリングブレーキ(ブレーキチャンバー)のエア漏れも必ず確認しましょう。摺動部の作動不良がないかも点検してください。エア圧低下による非常ブレーキの作動はないか、駐車ブレーキの解除忘れはないか、運転時にも注意してください。車輪や車軸の給油脂の不足はないか、組み付け不良はないかも確認しましょう。日常的に点検と点検整備をきちんと行なっていれば、火災が起こる原因を防ぐことができます。

 

引用参照 鋼材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック 改訂版

2018年新卒採用開始


3月15日 2018年度新卒採用開始。当社では「やってやろうじゃないか!」をテーマに来年度の新卒募集をスタートしました。技術職、営業職、専門職、ドライバー職の応募を致します。

重量物輸送における踏切走行時の事故防止対策


踏切事故は、ドライバーの死傷に直結するだけでなく、列車の脱線を引き起こして多数の乗客が死傷する可能性がある、大変危険な重大事故です。踏切内で脱輪してしまい、踏切先のスペースと自車の寸法認識の甘さにより、踏切内に閉じ込められる事故が発生しています。踏切走行時は、段差などによるエンストや脱輪の可能性が大きく、特に冬は、スリップ事故に特段の注意が必要です。

踏切走行時の事故を防ぐポイント

重量物輸送用の基準緩和車両は、特車許可経路の走行を厳守してください。許可経路から逸脱した踏切を走行してはいけません。路線の手前では必ず一時停止し、窓を開けて自分の目と耳で左右の安全を確認し、少し中央寄りを意識して走行します。重量物輸送用の車両は長く重たい車両であることを十分に認識し、踏切先のスペースを確認しながら通行しましょう。エンストを防止するため変速せずに、対向車や歩行者に注意し、脱輪しないように走行します。警報機が鳴り始めたら、遮断機が降りていない場合でも路線の手前で停止してください。

万が一踏切で立ち往生した時の措置

十分に気をつけて走行していても、踏切内で立ち往生してしまった時は迅速に正しい措置を行う必要があります。警報機のある踏切では、警報機に取り付けられてある押しボタン式の非常ボタンを、戻らなくなるまで強く押します。踏切支障報知装置(非常ボタン)の側面ランプの点灯後、直ちに最寄駅、警察に連絡します。非常ボタンのない踏切では、発煙筒を使用して列車の来る方向に走りながら合図します。列車の来る方向が不明な時は、周囲の応援を要請して列車に緊急通報の合図を行います。列車が近づいてきて踏切から離れる時には、列車の進行方向に進まないようにしてください。発煙筒は、昼間でも600m以上の距離で確認できる赤い炎を5分間以上燃焼します。大雨の時でも、発煙筒の筒を斜めに立てておくと燃焼します。JIS規格では有効期限は4年間です。発煙筒は、手に持つこと、地上に立てることも横にすることも可能です。火器に近づけるのは危険です。可燃物の側で使用しないようにしましょう。点火時には、筒先を顔や手に向けてはいけません。

後退時の事故

重量物輸送の車両は死角が多く、後退時の重大災害や接触事故が発生しやすい車両です。積み込み、取り卸ろしの現場の中には、狭くて混雑した場所や、公道での後退作業が発生することがあります。このような交通状況の中では、焦りが生じる場面も生じますが、プロのドライバーとして安全を最優先させ、後退時の事故は起こしてはなりません。どのような事故も、企業やドライバーの評価を落とすだけでなく、重大事故に直結することを忘れてはいけません。

後退時の事故を防ぐポイント

後退作業中に事故が多発しています。安全を期するために一旦車両から降り、目と足でコースの目標を確認します。バック運転の操作は慎重に最徐行で実施します。バックアイカメラは左右の死角があり、補助機能として利用するようにし、確認はドライバー自身が行いましょう。誘導者(無資格者を含む)がいる場合でも、ドライバーが責任を持って誘導者を過信せずに、運転操作を行いましょう。新規で納入する工場や新たな工事現場内で不安を感じる時は、必ず実測して確認しましょう。計測用巻尺は常時携帯して置くようにしてください。万が一後退作業が困難であると判断した場合は、事務所管理者と連絡し、指示を受けてください。

 

引用参照 鋼材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック 改訂版

重量物輸送におけるトンネルなど走行時の事故防止対策


トンネル走行時

トンネルの出入り口付近では、太陽の光と電灯の違いで視界の変化が起こるため、視界の順応に対する不安から減速する車が多いですが、一方では開放心理から急加速する車もいます。重量物輸送にとっては、トンネル出入り口付近は危険な箇所です。出入り口付近の気象の変化(雨、風、雪、凍結、直射光線など)に順応するのが遅れて事故につながることや、視界不足によってトンネルの内壁に衝突してしまう事故なども発生しています。

トンネル走行時の事故を防止するポイント

トンネル出入り口付近の電光掲示板などの情報を確認し、指示事項を厳守するとともに、視界が順応するのに多少の時間がかかることを自覚し、防衛・安全運転を心がけてください。トンネル出口付近の気象の変化(雨、風、雪、凍結、直射光線など)を想定した走行をしましょう。当然ですが、トンネル内での車線変更、追い越しは禁止されています。十分な車間距離を保って安全に走行してください。

夜間走行時

夜間は、昼間に比べて視界が悪くなり、歩行者や自転車の見落としや発見遅れによって事故が発生しています。また、対向車のライトに幻惑されて重大事故につながる危険性があります。特に、トラクターは車高が高いため、路面死角を減らそうと視線が下向きになりやすく、これが見落としや発見遅れにつながります。

夜間走行時の事故を防ぐポイント

夜間は遠近感が捉えづらくなるため、前方車両の確認を見誤らないようにしましょう。また、前照灯は走行用前照灯(前方障害物が100m先まで確認できる)を使用し、対向車が接近したときにはライトはすれ違い用前照灯(前方障害物が40m先まで確認できる)を使用します。交差点の右左折時の暗がり部分を良く確認し、人やバイクなどの巻き込みに十分に注意してください。路面が雨で濡れている時には、グレア現象により通行人などを発見できなくなることがあることを念頭に走行しましょう。グレア現象とは、蒸発現象とも呼ばれている現象で、自車のライトと対向車のライトが交錯する道路中央にいる通行人などが、乱反射で姿形がほとんど見えなくなる現象のことを言います。

高速道路走行時

高速道路のインターチェンジや料金所付近は、車両が混み合うために、接触事故や急カーブによる横転などの重大事故が起こる例があり、危険地帯となっています。車両性能の向上によりスピードが出すぎたり、高速走行によってスピードの感覚が薄れることで事故につながる事例も認められています。パーキングエリアや合流地帯での割り込み、飛び出しによる衝突や製品落下の事故も起こっています。長時間の運転は、危険意識の低下を招きます。また、高速走行は視野が狭まり、近景がぼやける傾向にあるため、適度な休憩が重要です。事故車、故障車、道路整備などによって停車中の車や人、仮設物に衝突する事故事例もあります。高速道路での事故は、規模が甚大で他に与える影響が極めて大きいので、重量物輸送のドライバーは常に危険を回避する運転を心がけてください。

高速道路走行時の事故を防ぐポイント

整備点検、燃料、タイヤの空気圧などの高速運転に対応した事前チェックを実施するようにしましょう。タイヤの空気圧が不足したまま走行すると、タイヤのたわみが大きくなり波状に変形することを「スタンディングウェーブ現象」と言います。この現象が発生すると、短時間でトレッド剥離が起きたりタイヤが破裂することが多いです。高速道路を走行する時は、適正な空気圧に充填することが大切です。料金所近郊は急カーブ地帯などの車両が混み合う場所が多いため、減速運転と譲歩運転を心がけましょう。同様に、パーキングエリアの出入り口や合流場所付近では、プロドライバーとしての「譲る運転」を実施しましょう。定期的なスピードチェックを行うとともに、情報掲示板などを注視して安全速度を厳守してください。車間距離確認板をチェックしながら、十分な車間距離を取りましょう。車線変更は極力酒、指定車線を走行するようにし、最高速度は80kn/h以下の定速運転を行ってください。万が一車線変更する時は、見通しの良い場所で車線変更し、坂やカーブなどの視界の悪いの悪いところでは車線変更は厳禁です。途中休憩は規定通り必ず取得し、車両点検、積荷点検、固縛点検を実施します。集中事故などの事前情報を把握し、前方不注意による接触・追突事故を起こさないように注意してください。万が一事故や非常事態で停車する場合は、非常電話、発煙筒、停止表示機材などを使って後続車に合図します。

 

引用参照 鋼材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック 改訂版