交差点での事故防止


2017年もあと数日です。

この時期は道がとても混雑しますよね。

多くの人が外出するタイミングですから、お仕事でドライバーの方も、プライベートで車を運転する方も、事故に合わないようにしましょう。

 

さて、近年、交差点での左折時や右折時に、自転車や二輪車との死亡事故が多発しているのはご存知でしょうか?

交差点での事故を防ぐことができるように気を付けて運転を行いましょう。

 

交差点左折時の事故パターン

交差点の左折時に、左後方から横断歩道に進入してきた自転車などを見落として巻込むことがあります。

 

【考えられる主な原因】

・先を急いでいたため、横断歩道の安全確認が不十分になった。

・漫然と運転していて自転車に気づかなかった。

 

事故防止のポイント

・左折時は横断歩道の手前で停止できるよう徐行して進行し、自転車や歩行者の有無を必ず確認しましょう。

・側方にはミラーには映らない死角があり、左後方からの自転車などを見落とすことがありますから、細心の注意を払いましょう。

・左折する交差点に漫然と接近するのでなく、自転車等を追い越していないかなど、危険要因をしっかり把握しましょう。

 

交差点右折時の事故パターン

対向車の通過後に右折したところ、直進してきた二輪車などと衝突することがあります。

 

【考えられる主な原因】

・二輪車が対向車の陰に隠れていたため発見が遅れた。

・二輪車の速度を実際よりも遅く判断し、自車が先に右折できると判断した。

・先を急いでいたため、二輪車の通過を待つ余裕がなかった。

 

事故防止のポイント

・二輪車の速度は予想以上に速く、遠くに見えていてもすぐに接近してきます。決して先を急がず二輪車の通過を待ちましょう。

・特に夜間は二輪車のヘッドライトしか見えないため、二輪車の速度や二輪車との距離の判断がむずかしくなりますから、焦った右折は禁物です。

・対向してくる車両の陰に二輪車等が隠れて見えないケースがありますから、十分な安全確認をしましょう。

交差点の事故防止に取り組む

交差点の事故防止に取り組むには、いくつかのポイントがあります。

以下を確認していきましょう。

 

無理のない運行計画を立てる

運転中の急ぎや焦りは、安全確認を省略させたり、徐行や一時停止を怠らせる大きな原因となります。

急ぎや焦りは余裕のない無理な運行から生じるケースが少なくありませんから、道路状況や気象状況等も配慮して無理のない運行計画を立てましょう。

 

点呼時に安全走行の指示をする

点呼時は運転者に安全上の指示を与える絶好の場です。乗務開始前の点呼時を活用して、交差点の右左折時の注意点を指導し、安全運行への意識付けを図りましょう。

 

運転者研修の重点テーマとする

交差点の事故防止を運転者研修の重点テーマとして取り上げ、交差点でのヒヤリハット体験や交差点

場面を用いたKYT、さらにはドライブレコーダの映像などを活用して、交差点での安全走行についての指導を行いましょう。

また、実車を用いてトラックの後方や側方の死角や内輪差などの指導を行うのも良い方法です。

 

いかがでしたか?

年末年始のドライブは、普段運転しない方も多いですから、お互いに譲り合って気を付けて運転するようにしましょう。

急がず慌てず、余裕をもって行動しましょうね。

 

引用参考:交差点での事故を防げ!!

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

 

エコドライブ用タイヤ


エコドライブに適したタイヤがあるということは、皆さんご存知でしたか?

トラックやトレーラドライバーの方や管理をされている方、車に詳しい方などは知っていらっしゃるかと思いますが、改めて確認してみましょう。

 

タイヤの選択

走行に合ったタイヤの種類、パターンを選ぶことは、エコドライブのために大切なことです。

選定にあたっては、安全性が高く、燃費の良いタイヤを選ぶことです。

 

タイヤの種類

タイヤにはバイアスタイヤとラジアルタイヤの2種類があります。ラジアルタイヤはバイアスタイヤよりころがり抵抗が小さいため燃費が良くなります。

さらに同じラジアルタイヤでもチューブレスタイヤは、チューブ付タイヤに比べて軽くて、偏平率が小さいため変型量が少なく、その分燃費が良くなります。又、チューブ部分が無いためパンクやエア漏れに対する安全性も高いといえます。

 

タイヤのパターン

使用する車両の用途を考えてタイヤのパターンを選定します。例えば、一般の舗装路や高速道路を主に走行する車両にはリブ型のチューブレスタイヤを装着することで燃費の向上が図れます。

 

エコタイヤ

エコタイヤは、「負荷荷重性能」「けん引・ブレーキ性能」「乗心地性能」「操縦性・安定性能」といったタイヤの基本性能を確保しつつ、転がり抵抗の低減をしたタイヤです。

タイヤの転がり抵抗が小さいことは即ちタイヤがよく転がることを意味しますので省燃費効果を生むことができます。

タイヤの諸性能には転がり抵抗低減と二律背反する性能が多々あり、タイヤメーカーはこれらの性能を高いレベルで両立させるため、最新の技術を取り入れ、様々な工夫をすることで課題を解決しています。

エコタイヤは、多くのメーカーから夏用タイヤ、MIX(オールシーズン)タイヤ、スタッドレスタイヤなどといった用途別にラインアップされています。

 

更生タイヤ(リトレッドタイヤ)

更生タイヤは、摩耗寿命が終了したタイヤのトレッド部を削り取り、新しいトレッドゴムを張り替えることで、タイヤの機能を復元し再び使用するものです。従来から、一部のトラック会社やバス会社で更生タイヤが利用されてきましたが、環境経営や経費削減の観点から、改めて更生タイヤが注目されています。

更生タイヤは、新品タイヤの使用条件により耐久性が変わってきますので、利用する際には注意が必要です。例えば、前輪や駆動輪で使用されたものと遊軸で使用されたものでは、タイヤの疲労が大きく異なりますので更生タイヤの耐久性には差が出ます。

また、安全面を考慮し、更生タイヤを前面には使用しないよう、また、更生回数も原則1回とするように推奨されています。

エアロパーツ

車両の走行中の空気抵抗を減らす部品で、特に高速走行の割合が高い車両に取付けると燃費の向上が図れるものとして、エアディフレクタとエアダムがあります。

 

エアディフレクタ(ウインドディフレクタともいう。)

荷台がキャブより高い車両(バン型車)、キャブバックの広い車両に対して特に効果があります。なお、最新の大型トラックなどでは、エアディフレクタがキャブと一体になったものもあります。

 

エアダム

平ボデー車や特装車両にも効果があります。

 

その他の省エネ装備等

車両停車中に車中の暖気をとるため、暑さをしのぐためにアイドリングをしている例が多くみられますが、次のような装置を活用することによって、こうしたアイドリングを止めるようにします。

 

蓄熱式暖房マット(仮眠ベッド用)

走行 1 時間程度で蓄熱を完了する蓄熱式のマット(5時間〜7時間40℃程度の保温力が望めます。)やバッテリーから直接電源をとる電気式毛布などがあります。

 

車載バッテリー式冷房装置

車載のバッテリーを電源として、冷房用の電動コンプレッサーを動かす方式のクーラーです。

最大で 6 時間程度使用することができます。

 

エアヒーター(独立燃焼式暖房装置)

エアヒーターは、搭載する燃料を活用した独立燃焼式暖房装置で、エンジンを止めての暖房が可能となります。

燃料は燃料配管の途中から燃料ポンプによりヒーターの燃焼装置に送油され、燃焼する仕組になっています。これにより、外部から吸入した空気を温風にして運転室内を暖房します。消費電力は、8時間運転しても 8A/h 程度と少なく、バッテリーの大きな負担にはなりません。

燃料消費量は、最大で 1 時間当り 0.24ℓで、大型車がアイドリングで暖をとるときの燃料消費量(1.1 〜 2.Oℓ)に比べると非常に少ない量で済みます。

 

これまでエコドライブの特徴についてまとめてきましたが、エコドライブを行うことで、燃費よく長持ちする車両になり、なおかつより安全運転になりますね。

エコドライブは地球環境のためだけでなく私たちの身近な環境も整えてくれるのですね。

 

引用参考:エコドライブ推進マニュアル

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

 

エコドライブ用の車両


エコドライブを行うには、トラックやトレーラドライバーの技術面はもちろんですが、車両の選び方も重要なことのひとつです。

ではどのような車両がエコドライブには良いのでしょうか。

車両及び仕様の選定

燃費は、運転テクニックや点検整備だけでなく、車両やその仕様によっても影響を受けます。

したがって、車両やその仕様についても選定の段階からエコドライブへの配慮が必要となります。

 

車両の選定

・大きさ(車両総重量)

実際の輸送形態をみて最適な大きさ(車両総重量)の車両を選定する必要があります。

必要以上に大きい車両で少量の荷物を運ぶことになると輸送効率が悪くなりますし、結果的に輸送トン・キロ当たりの燃費も悪くなります。

 

・エンジン出力

過大な出力のエンジンは、排気量が大きくなるだけでなく、重量も重くなりその分燃費を悪化させることになります。輸送形態に合った出力のエンジンを選定する必要があります。

 

・燃費の良いターボ系エンジン

ターボ系エンジンはNA系エンジンに比べて大きい出力を得ることができることから、エンジンの小型化が図れます。

特に、最近のインタークーラー付きターボ車の排気量は従来のNAエンジンの6割程度と小さく、こうした小排気量のエンジンによる燃費の向上が期待されています。

 

・適切なパワーライン

車両を導入するときはトラックメーカーやディーラーに対して車両の使用条件をよく説明し、それに対応する変速ギヤーの段数や終減速比など適切なパワーライン選定のアドバイスを受けると良いでしょう。

パワーラインの選定にあたっては、用途などによって次のようなことを検討事項とします。

 

パワーライン選定の検討事項

① 運行距離が、近距離か、中距離か、長距離か。

② 道路勾配が、平坦か、勾配が多いか。

③ 高速道路走行か、一般道路走行か。

④ 市街地走行か、郊外走行か。

車両の軽量化

・車両の軽量化による効果

燃費改善を図ろうとして車両重量を軽量化しても、実際はその分積載量の増加に回ることになり、フル積載状態では車両の軽量化による直接的な燃費向上の効果はないことになります。

しかしながら、空車時や積荷に余裕がある走行では、やはり車両重量が軽いほど燃費は良くなります。

また、車両の軽量化により車体重量が軽い分積載量が増加することになり、燃料 1ℓあたりの輸送トン・キロが増加することになります。

つまり、車両の軽量化で積載が向上すれば、広義の意味で燃費の向上に寄与することになります。

 

・車両軽量化の対策

車両軽量化の具体的方法について検討すべきポイントを示すと、次のようになります。

 

① 軽量化部材や仕様の検討

荷台の縦根太、横根太のアルミ材使用、荷台の軽量板材の使用、荷台への鉄板敷きの排除、サイドバンパー、サイドバンパーステイのアルミ材使用、幌ウイングの採用など車両の用途を踏まえた軽量化部材や仕様を検討します。

 

② 燃料タンクの容量と補助タンク取付けの必要性の検討

過大な容量の燃料タンクは燃料やタンク自体の重量により車両重量が重くなりその分燃費が悪くなります。従って、燃料タンクは使用する車両の特性を考慮して、過大なものとならないようにします。

 

③ スペアタイヤ及びタイヤキャリアの非装着

中・大型トラックのタイヤは大きく重いことなどから、運行途中でパンクした場合ドライバー1人では交換することが困難なケースが増えています。さらに、荷物を満載していたり道路上での慣れないタイヤ交換は危険な場合もあります。したがって、タイヤのパンクの発生率、タイヤパンク時におけるドライバーのスペアタイヤ交換の実績、チューブレスタイヤ装着によるパンク発生率の減少などを考慮して、スペアタイヤ及びタイヤキャリアを装着しない検討をします。

 

④ 工具箱取付けなどの検討

運行条件にもよりますが、車両技術の向上などにより、近年では故障も少なくなっており、工具を使用する機会も少なく、工具箱についても取り付けの必要性の有無を検討します。また、作業内容によっては不必要な諸機材(荷締機、ローラコンベア、タイヤチェーンなど)についても、こまめに取り卸しをすることが必要です。

 

以上、エコドライブのための車両の条件でした。

この他にもさまざまあるかと存じますが、まずはポイントを押さえることが大切ですよね。

 

引用参考:エコドライブ推進マニュアル

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

 

エコドライブのコツ


トラックやトレーラドライバーの皆さんは、エコドライブを行うときに気を付けていることはありますか?

自身が行っている運転について振り返ってみましょう。

 

運転テクニック

燃料消費量の節減方法で大きなウエイトを占めるのが運転テクニックです。

運転テクニックを生かしてエコドライブを実践するためには、ディーゼル車の特性についての基本的な知識を得ることが大切です。ディーゼル車の特性を踏まえた運転テクニックについてまとめました。

 

おだやかな発進と加速

車両をスタートするときの急発進、急加速は、必要以上にエンジンの高回転域を使うことになり、通常の走行に比べて著しく燃費が悪くなります。

要は、ゆっくり加速し早め早めにシフトアップしていくことです。

 

シフトアップ操作は、素早く行えばシフトアップ時の瞬間の速度は維持されますが、現実には若干速度が低下するのが一般的です。そして、シフトアップ操作が遅いとエンジン回転数と車速の落ち込みも大きくなるため、次のシフトアップ・ポイントまでアクセルペダルを踏み込むため燃料を多く使うことになります。従って、素早いシフトアップ操作も燃料消費量を減らすためのポイントとなります。

 

定速走行の励行

アクセルペダルとブレーキペダルをパタパタさせるような波状運転(加減速運転)は、定速走行と比べて燃費が非常に悪くなります。走行中は無駄な加減速をやめて、できるだけ速度を一定に保つような運転をするように心掛けます。

ただし、道路や交通の状況(坂道、交通流)によって定速走行が難しい場合には、無理をして速度を一定に保持する必要はありません。

 

エンジンブレーキの多用

ディーゼル車の特性の一つに、走行中にアクセルペダルを離しエンジンブレーキの状態になると、エンジンヘの燃料供給はカットされ、無噴射状態となります。この状態では、燃料は消費せず、車は惰力だけで走行することになります。

このエンジンブレーキの状態での惰力走行をうまくとりいれて走行することが、エコドライブにつながります。

また、工キゾースト(排気)ブレーキやリターダーなどは、降坂路や高速走行からの減速などで補助ブレーキとして大きな効果を発揮するものですが、ブレーキの効きが良くなることから通常の市街地でもスイッチを入れたままで走行しているドライバーが散見されます。補助ブレーキの入れ放しはアクセルを離すたびに減速してしまい、もとの速度に戻すのに余分な燃料を消費してしまいます。平坦路でむやみに使用すると、波状運転になりやすく燃費を悪くする原因になります。

こうした補助ブレーキは、道路や交通状況によって、スイッチをこまめに切り替えるようにします。

 

経済速度の厳守

経済速度とは、円滑な交通流を乱すことなくできるだけ低いエンジン回転数で効率良く走れるスピードのことをいいます。たとえば、周囲の交通状況などから経済速度が50km/hというとき、あえて60km/h に速度を上げた例でみますと、燃料消費量は約10%も多くなってしまいます。

予知運転による停止・発進(ストップアンドゴー)回数の抑制

停止した車両が、再度発進するときに加速しますが、加速するときには、登り坂を走行するときと同じくらい多くの燃料を消費します。

この停止・発進(ストップアンドゴー)の回数を減らす運転をすることがエコドライブにつながります。

例えば、交差点の手前ではまわりの交通の流れを良く見て走行しますが、前方の信号が赤でも、エンジンブレーキを使用してタイミングよく調整することで信号が青に変わることがあります。これにより交差点を停止せずに通過ができることになり、その分わずらわしい停止・発進の回数が減ることになります。

必要最小限のアイドリング

荷物の積卸しや休憩時間などにエンジンをかけたまま車両を放置しておくと、燃料を無駄に消費するばかりでなく NOx や PM などの大気汚染物質をより多く排出することになります。

こうした無駄なアイドリングを止めることが社会的な要請になっています。特に、市街地におけるアイドリングは近隣住民に騒音、臭気、振動などの公害を招き、トラック協会などにも近隣住民の方々からの苦情が多く寄せられています。

こうした市街地におけるアイドリングストップはさらに徹底する必要があります。

 

いかがでしたか?

皆さんはエコドライブ、きちんとできていたでしょうか。

毎日の習慣はなかなか見直す機会がありませんから、ひとつのきっかけになれば幸いです。

 

引用参考:エコドライブ推進マニュアル

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!