安全運転と事故防止策


自然災害は避けることができません。

しかし、万が一のときのために準備はできます。

トラックドライバーやトレーラードライバーの皆さんは、より慎重に対応、安全運転できるように日頃から準備しておきましょう。

自然環境変化(気象・地震・津波等)による事故

濃霧・強風

前方の視界がきかなくなり、前車の減速、停止に気付くのが遅れ追突事故が発生したり、道路状況が把握できず車線を逸脱してガードレールや側壁に衝突、転落事故等が発生しています。

濃霧時は一時避難し、管理者へ連絡することが必要です。

 

事故防止対策のポイント

  • 霧が発生したら徐々に減速しましょう。
  • ヘッドライト(下向き)、フォグライトを早めに点灯し自車の存在を明示しましょう。
  • 必要な場合はクラクションを鳴らし、自車の存在を知らせるようにしましょう。
  • ガードレール、センターライン、前車の尾灯を目安にして走行する。
  • 窓を開け、音を聞いて、他車の動きを目と耳と肌で確認し走行することが大切です。
  • 濃霧がひどい時は安全な場所で一時避難するとともに、管理者との連絡を密にしましょう。
  • 「指差・確認呼称」を厳守。

 

強風

前方の視界がきかなくなり、前車の減速、停止に気付くのが遅れ追突事故が発生したり、道路状、強風時における車両転倒事故は、車幅に対して車高の高いバン型車両に発生するケースが多いですが、「重量物輸送」車両ではパイプ等の嵩高製品の積載時は特に注意が必要です。

同時に気象予報・警戒・警報等の事前情報の把握に努めることが大切です。

強風で車が流される事故や、あわててハンドルを切りかえしたり、急ブレーキを踏むために発生する事例が多いので気を付けるようにしましょう。

紙くず、シート、その他資機材の飛来物がフロントガラスを覆い、視界を遮り事故を引き起こす事例があります。

 

事故防止対策のポイント

  • ハンドルをしっかり握りハンドルを取られないようにして減速しましょう。
  • 車両規制がある時はその指示に従い注意を喚起し走行しましょう。
  • 橋の上、トンネル出入口、切り通しなどは強風が吹きやすいため注意し減速走行してください。
  • シート捲れや資機材の落下防止を図り、他車両や道路等に危害を与えないよう走行することが大切です。
  • 台風襲来や強風状態(情報)が続く時は、安全な場所で一時避難するとともに、管理者との連絡を密にしましょう。
  • 「指差・確認呼称」を厳守。
  • 「風(注意)ヨシ!前方ヨシ!右ヨシ!左ヨシ!後方ヨシ!」

86504250e59d9f7935b13f5474991209_s

地震・津波

阪神大震災や東日本大地震に遭遇して直下型地震の恐怖と甚大な津波被害を経験しましたが、現代科学では場所や時間を特定できない事も実証されています。

この未曾有の大自然災害に対する完璧な防災対策は不可能に近く、現時点においては、日常的な教育・訓練を実施し、減災対策に取り組むことがもっとも現実的であると思われます。

 

事故防止対策のポイント

  • 運転中に大きな揺れを感じた時は、ハンドルをしっかり握り前後の車に注意しながら徐々にスピードを落とし、道路の左側に停車しましょう。
  • エンジンを切り、揺れがおさまる迄は車外に出ずラジオ等からの正確な情報を入手しましょう。
  • 避難の必要がある場合は車のキーはつけたまま、ドアをロックしないで窓を閉めるようにしてください。
  • 連絡先を見える所に書き、車検証などの貴重品を持ち現地の指示に従い避難しましょう。
  • 緊急車両の走行に支障がないよう最善の駐車対策を実施しましょう。
  • 本震が収まった段階で、公衆電話、NTT災害伝言ダイヤル(171)、携帯電話の災害伝言ダイヤル等を通じ管理者に状況連絡し、連絡がとれない場合は予め定めた方法により対処しましょう。
  • 自身の安全確保を最優先するとともに、可能な範囲での周囲の支援活動を行いましょう。

 

トンネル・夜間走行時の事故

トンネル走行

トンネル出入り口付近では、太陽光線等の視界変化に伴う順応不安から減速する車が多いです。

一方、開放心理から急加速する車があり「重量物輸送」にとっては危険箇所でもあります。

出入口付近の気象変化(雨、風、雪、凍結、光線等)への順応遅れによる事故事例があります。

トンネル出口付近では視界不足等に伴うトンネル内壁に衝突する事故が発生することもあるので注意しましょう。

 

事故防止対策のポイント

トンネル出入口付近の電光掲示板等の情報を確認し、指示事項を厳守するとともに、視界順応等に時間がかかることを自覚して防衛・安全運転を行いましょう。

  • トンネル出口付近の気象変化(雨、風、霧、凍結、直射光線)を想定して走行しましょう。
  • トンネル内での車線変更、追越しは厳禁であり、十分な車間距離を確保しましょう。
  • 「指差・確認呼称」を厳守。
  • 「トンネル(注意)ヨシ!前方ヨシ!右ヨシ!左ヨシ!後方ヨシ!」

 

トンネルでの事故は天気の良し悪しと合わさって、非常に危険な場所のひとつです。

焦らずゆっくりと安全運転を行いましょう。

 

引用参考 鉄材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック

   岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

第29回インターフェックスジャパン展


当社は第29回インターフェックスジャパン展(6月29日~7月1日、東京ビッグサイト)の搬入設置及び搬出作業を行います。当社では医療機器、理化学装置、美術展などの搬入設置搬出に関わる豊富な経験があります。第29回インターフェックスジャパン展内容は以下のurlhttp://www.interphex.jp/でご覧ください。

幹部育成研修


当社では本年2月より幹部育成研修を開始致しました。研修は①人間力向上 ②リーダシップとマネジメント力向上 ③理念展開・経営者の視点 ④現場力向上 ⑤マーケティング力育成を主な目的に毎月実施しております。本年度は船井総研・菅原執行役員様にご指導いただき、4名が参加しております。また毎回課題図書があります。人財育成プログラムとしております。

第47期取締役会、経営会議


当社は第47期を迎えました。6月20日、第1回取締役会、その後経営会議を開催し、前期決算内容、今期予算計画目標、KPI目標及び安全運転、事故防止会議設立、人事評価制度改定などを含む経営課題について議論致しました。今期も倍旧のお引立て頂きます様お願い致します。(写真は経営会議風景)。

トレーラーと重量物運搬10


近頃は地震が多いですね。

身の安全を守るとともに、いざというときのトラックやトレーラーでの対応方法や注意事項を確認しておきましょう。

 

自然環境変化(気象・地震・津波等)による事故

雨、風、雪、霧等の気象変化は、予測技術の進歩により「事業者」は、時間や場所を特定した運行管理指導ができる状況になってきました。

一方、平成7年の阪神大震災や23年に発生した東日本大震災では、大型地震の具体的予知が可能でないことを体験するとともに、その対応の難しさと甚大性を経験しました。

「重量物輸送」は今日まで諸作業の基準化(標準化)を進めてきましたが、改めて常日頃の体感訓練・現場教育の重要性と妥当性を再確認した次第です。

 

雨天

  • 雨が降り始めてからしばらくの間が最もスリップしやすく事故が多発。
  • サイドミラーの水滴や前車の水しぶきにより視界が遮断され事故が発生。
  • 雨天の夜間に、対向車の光と自車の光が乱反射して見えなくなる現象(グレア現象)が発生した事故事例。
  • 路面が濡れている時にジャックナイフ現象を引き起こした事故事例。

 

事故防止対策のポイント

スピードの減速と適切な(長めの)車間距離が最大の防衛策です。

ジャックナイフ現象を回避するため、ブレーキ操作は適切かつ慎重に行うようにしましょう。

速度規制表示板等の指示事項を厳守するとともに、進路変更は原則禁止です。

大雨の時は安全な場所で一時避難するとともに、管理者との連絡を密にしましょう。

「指差・確認呼称」を厳守しましょう。

「雨(注意)ヨシ!前方ヨシ!右ヨシ!左ヨシ!後方ヨシ!」

 

ハイドロプレーニング現象

雨天時の走行中にタイヤが水の膜の上を走るように滑走し、ハンドルやブレーキが効かない状態のことです。

タイヤ溝の摩耗、水量の多さ、タイヤ空気圧不足、スピードの出し過ぎ等に起因するものであります。

c3e2cca9861fa61276ad729b8be982fa_s

降雪・積雪

雨天時以上に視界が悪くなり大雪・吹雪ではほとんど視界が見えなくなる事態が発生します。

路面が非常に滑りやすく(特に坂、カーブ、橋の上等は厳重注意)ちょっとしたハンドルやブレーキ操作でスリップしたり、ブレーキを踏んでも車が止まらず、追突事故やジャックナイフ事故事例が多いのです。

交差点付近では路面が圧雪状態となり、滑りやすく事故が多発しています。

 

事故防止対策のポイント

路面凍結に注意し減速する。車間距離はいつもの倍程度とるとともに、チェーンはSA・PAで早めに装着しましょう。

視界が悪い時は安全な場所で一時避難するとともに、管理者との連絡を密にしましょう。

橋の上・トンネル出入口・切り通し・日陰になっている所や、交差点付近等は路面が凍結しやすいです。

またカーブ・坂等ではスリップしやすいため特段の注意が必要です。

ジャックナイフ現象やスリップ事故の原因となる急ハンドル・急ブレーキは厳禁です。

スタッドレスタイヤは深い雪や水分の多い雪に性能が劣るとの指摘もあり過信しないでください。

「指差・確認呼称」を厳守しましょう。

「雪(注意)ヨシ!前方ヨシ!右ヨシ!左ヨシ!後方ヨシ!」

 

スタッドレスタイヤを過信しない

スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤに比べると、雪道や凍結道での走行性能は優れていますが、決して万能のタイヤではありません。

スタッドレスタイヤをつけていても、雪道・凍結路では乾いた路面に比べると停止距離がかなり長くなります。

また、急ハンドルや急ブレーキはスリップの原因となるので、スピードを落とし、車間距離をとり、基本を守った運転が大切なのです。

 

自然環境変化(気象・地震・津波等)による事故

濃霧

前方の視界がきかなくなり、前車の減速、停止に気付くのが遅れ追突事故が発生したり、道路状況が把握できず車線を逸脱してガードレールや側壁に衝突、転落事故等が発生しています。

 

事故防止対策のポイント

霧が発生したら徐々に減速しましょう。

ヘッドライト(下向き)、フォグライトを早めに点灯し自車の存在を明示しましょう。

必要な場合はクラクションを鳴らし、自車の存在を知らせてください。

ガードレール、センターライン、前車の尾灯を目安にして走行するようにしましょう。

窓を開け、音を聞いて、他車の動きを目と耳と肌で確認し走行します。

濃霧がひどい時は安全な場所で一時避難するとともに、管理者との連絡を密にすることが大切です。

「指差・確認呼称」を厳守。

「濃霧(注意)ヨシ!前方ヨシ!右ヨシ!左ヨシ!後方ヨシ!」

 

突発的な自然の災害は避けることができません。

より慎重に対応できるように日頃から準備しておきましょう。

 

引用参考 鉄材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック

   岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

展示会搬入設置搬出


第20回機械要素技術展(6月22日~24日、東京ビッグサイト)の搬入設置及び搬出作業を行います。当社では各種イベント、美術展などの搬入設置搬出に関わる豊富な経験があります。是非ともご依頼ください。なお第20回機械要素技術展は以下のurlをご参照ください。http://www.mtech-tokyo.jp/

物流企業視察ツアーin北海道


船井総研主催の物流企業視察ツアーin北海道に社員が参加致しました。会社内に日本語学校を設立し、外国人雇用に取り組まれている企業など物流先進企業を見学いたしました。

野球大会(社内対抗戦)


6月10日、IWASE野球部の社内対抗戦を江戸川区スポーツ施設臨海球技場にてナイターで開催しました。剛?速球のピッチャーに翻弄されながらも、Kさんのランニングホームランが出るなど好ゲームでした。今後も社内外での試合を行い親睦を図ります。ぜひともご声援下さい。

IMG_0580IMG_0578

トレーラーと重量物運搬9


どんなに気をつけていてもどこかで交通事故は起こっています。

ドライバーの皆さんはより慎重に安全運転を行いましょう。

カーブ事故

「重量物輸送」車両はカーブでの事故発生頻度が高いです。

事故原因は交差点における製品落下事故と同様に、車両総重量の重さや加速度ならびに遠心力の変化、連結車の特性等に対する認識不足に起因するケースが多いです。

連結車両はホイルベースが長くトレーラ後部が対向車線へはみ出す危険性があります。

また、S字カーブ、連続カーブ走行、進路変更時などで揺り返しが生じ、横転ならびに道逸脱する事故が発生しています。

 

右カーブ

  • カーブ手前からの減速が不十分な運転操作により左路外へ逸脱した事故事例。
  • 左ガードレール(路肩を含む)激突(脱輪)や横転事故事例。
  • 右カーブでは対向車線の方が広く見える(視線が右側に向きやすい)ため、センターラインをはみ出す事故事例。
  • 急カーブ、傾斜路面地帯での前方走確認物との接触・横転事故事例。

 

大型貨物車による横転事故等は、死傷事故や長時間の通行止めを伴う重大事故となって、社会的にも大きな影響を与えることとなります。

カーブ手前で減速したうえで、車両の特性を十分理解して、安全運転を心がけましょう。

 

事故防止対策のポイント

カーブ手前で十分減速し、カーブの途中ではブレーキ操作を行わないようにしましょう。

  • 急ブレーキ、急ハンドルはスリップ事故ならびにジャックナイフ現象の発生可能性が大きいです。
  • ハンドルとブレーキの同一操作は絶対にしてはいけません。
  • 見通しの悪いカーブでは道路先の対向車(駐車車両含む)に十分注意し減速運転を行いましょう。
  • 連結車は内輪差によりトレーラ後部(ポール後部)が道路内側に寄ります。
  • 接触に注意してセンターラインを確認しながら近づき過ぎないように運転するようにしましょう。
  • 「指差・確認呼称」を厳守しましょう。

 

左カーブ

  • 減速不十分で右路外へ逸脱する危険性や、右ガードレール激突する事故事例。
  • ホイルベースの長い車両はオーバーハングが大きく、車両後部が対向車線にはみ出す事故事例。
  • 車幅が対向車線に近づき過ぎ接触する事故事例。
  • カーブ角度の小さい場所は接触・横転事故の多発地帯。

 

事故防止対策のポイント

カーブ手前で十分減速し、カーブの途中ではブレーキ操作をしないようにしましょう。

急ブレーキ、急ハンドルはスリップ事故ならびにジャックナイフ現象の発生可能性が大きいため、ハンドルとブレーキの同一操作は絶対にしてはいけません。

  • 夜間や山間部などの見通しの悪い道路では対向車に十分注意し減速しましょう。
  • 連結車は内輪差によりトレーラ後部(ポール後部)が道路内側によるため、接触に注意し
  • てセンターラインを確認しながら近づき過ぎないように運転してください。
  • 「指差・確認呼称」を厳守しましょう。

2415994bcedf0d24cb30f8a79a8ca26b_s

坂道の事故

下り坂

下り坂では「重量物輸送」車両は、スピードが加速するため前車との車間距離を長くとるとともに、スピードコントロールが重要となります。

下り坂は、カーブや路面が濡れていたり積雪の場合と同様に、ブレーキ操作を慎重に行うとともに、安全速度(急坂路をエンジン・ブレーキ操作で十分安全が確保できる速度)を厳守しなければなりません。

上り坂

重量物輸送車両は重くスピードが低下するため、登坂車線のある道路では登坂車線を利用しましょう。

スピードメーターをチェックする習慣を持ち後続車の追突を避ける対策を行いましょう。

事故防止対策のポイント

シフトダウンし出来る限りエンジン・ブレーキや排気ブレーキを使用して、加速防止を図りましょう。

坂を下り終えた時は、排気ブレーキを切るとともに、ブレーキ装置に異常がないかを必ず確認して走行するようにしましょう。

急坂路の曲線部手前でフットブレーキを使用し、曲線路部ではブレーキ操作をしないでください。

  • 坂道駐車は基本的には厳禁です。
  • 万一の駐車時には、エンジンを切り、駐車ブレーキを確実に引き、輪留めを確実に行いましょう。
  • 「指差・確認呼称」を厳守しましょう。

 

フェード(fade)現象

下り坂などでフットブレーキを過度に使い過ぎると、ブレーキライニングが加熱し、摩擦力が急激に減少しブレーキの効きが悪くなる現象です。

 

べーパ・ロック現象

下り坂などでフットブレーキを使い過ぎると、ブレーキドラムやブレーキライニングが加熱し、その熱がブレーキ液に伝わり、ブレーキ液が沸点を超えると(通常200度前後)気化し気泡が発生して、ブレーキを踏んでも圧力がよく伝わらず、ブレーキが効かなくなる現象です。

 

トラックやトレーラーのドライバーとして車体の大きさや死角の多さなどを鑑みながらしっかりと安全運転を行いましょう。

 

引用参考 鉄材等重量物輸送に携わるプロ運転者・管理者用ガイドブック

   岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

新入社員紹介(ジャア君)


4月入社した新入社員のジャア・イコウ君は中国出身で2011年に日本の大学に留学し、本年卒業後、当社に入社しました。日本語能力検定試験N1。将来は海外業務の通訳、営業を視野にいれた採用です。現在は京都支店で業務全般の研修中です。趣味はバスケットボールですが、しばらくは仕事と日本語を覚えるのに精一杯とか。京都支店の社員からも期待されています。