省エネ運転とは


ドライバーの皆さんは、省エネ運転を行っていますか?

省エネ運転にはさまざまなメリットがあります。

 

省エネ運転

省エネ運転に努めることにより、窒素酸化物(NOX)や二酸化炭素(CO2)などの排出量の減少、安全運行、経費の節減へ寄与します。

 

車両の仕様

エンジン出力は、使用道路の勾配、高速道路の利用割合等の条件を考慮して、適正な大きさを選びましょう。

車体の軽量化、装備の簡素化、不要装備の排除により車両の軽量化を図ります。

 

保守、整備

エアクリーナの清掃、エンジンオイルの定期交換、タイヤの空気圧力への調整等を含め、定期点検整備を確実に実施しましょう。

 

燃費の管理

個別車両の燃料消費率の変化を把握することにより、その車のエンジン、動力伝達装置、走行装置等の車両の健康状態の判断に役立てます。

 

保守、整備

エアクリーナの目詰まりを除きましょう

エアクリーナが詰まっていると、空気不足になって燃焼が悪化し、燃費が悪くなります。

目詰まりインジケータが点灯したら、エレメントを清掃または交換してください。

目詰まり状態で使用すると、燃費が約3%悪化します。

エンジンオイルは定期的に交換しましょう

オイルの寿命以上に長く使うとオイルの粘度が固くなり、燃費が1~2%悪化します。

それ以上にエンジンの寿命が短くなるので、定期的にオイル交換をしましょう。

 

タイヤの空気は適正な圧力に保持しましょう

タイヤの適正空気圧はサイズ、強度記号によって変わりますので正しい空気圧で管理しましょう

 

不要なアイドリングはやめよう

アイドリングストップ運動を進めよう

・荷待ち、休憩等でアイドリングしていませんか?

・アイドリングの必要な時は、始動、停止直後の数分だけです。

・アイドリングでの燃料消費量は、1時間当たりおおよそエンジンの排気量の1/10です。

・夜間のアイドリング運転は、近所に騒音で迷惑をかけますので止めましょう。

 

発進、加速はゆっくりと

急加速発進すると燃費の悪い高回転部分を多く使うため燃費が悪くなります。

・省エネ運転のポイントはアクセルを踏みすぎないでください。

・アクセルの踏み込みは大型車80%ぐらいです。中型車は50%ぐらいです。

・シフトアップは回転計のグリーンゾーン内で行いましょう。要はゆっくり加速することです。

グリーンゾーンとは、エンジン回転計の目盛り部分に示された緑の帯を言い、適正なエンジン回転数の使用範囲を示しています。

 

空ぶかしはしない

騒音や大気汚染の原因にもなる空ぶかしは、燃費にとっても大敵です。

意識的でなくても長年のクセでつい、などという場合もありますので注意しましょう。

 

<大型トラックの空ぶかし>

大型トラックでは、1回につき約12ccの燃料を余計に消費します。

定速運転を心掛ける

ギアの選択は適切にしましょう。ギアチェンジは早めに行うことが大切です。

 

定速走行で気を付けることは、

・エンジン回転はグリーンゾーンで運転すること

・波状運転をしないこと

の2点です。

 

同じ速度でもできるだけ上のギアを使って走る。

ギア位置による燃費の差1速変わると約10%燃費が変わります

アクセルペダルを踏んだり戻したりする波状運転は燃費を悪くします。

アクセルペダルを一定にして走りましょう。

 

減速には惰行運転を利用する

ブレーキのかけ方にもいろいろあります。

・通常のフットブレーキを使用

・エキゾーストブレーキを使用

・リターダーを使用

 

これらのブレーキを使用した時、エンジンはタイヤ、クラッチを通して回されていますが(エンジンブレーキの状態)ディーゼルエンジンでは、燃費を消費しません。

 

・早めにエンジンブレーキを使って惰行運転で減速しながら、最小限のフットブレーキをかけることが、省エネのコツです。

・リターダーはブレーキが良く効くので、スイッチを入れ放しにすることが多くなりがちですが、この場合ギアチェンジごとにリターダーが作動しブレーキをかけてしまい、燃費を悪くしますので、スイッチは減速する時に入れて下さい。

 

高速走行では車速を抑える高速で走るということは風の抵抗に打ち勝って走ることです

例えば80km/hの所を120km/hで走ると約120psの力を余計に使うことになります。

 

この分燃費が悪くなるわけです。

その結果車速を10km/hアップすると燃費は約7~8%悪化しましょう。

車速を抑えて走りましょう。

 

省エネ運転は、安全運転やエコドライブに繋がります。

また、自然と車体に優しい運転になるので、車を大切にしているドライバーの皆さんにはぴったりの運転方法ですね。

 

引用参考:省エネ運転マニュアル

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

IGAS2018 出展します


6月21日 東京ビッグサイトで開催されるIGAS2018(7/26-31)東京都中小企業振興公社ブースに出展致します。当社は長年にわたり印刷業界における輸送、搬出入、据付作業、保管、メンテナンスの実績があります。また輸出入業務実績もあります。ご来場をお待ちしております。

トラックドライバー実用知識編「規制と特例」


トラックやトレーラドライバーの皆さん、そしてそのサポートを行っている運行管理の皆さんは、トラックやトレーラが道路を走るときの条件はご存知でしょうか。

大型車が道路を安全に走行するために、いくつかの規制があります。

 

トレーラ連結車の総重量の特例の引上げ

平成15年10月より、安全性を確保しつつ物流を効率化するため、分割可能な貨物(いわゆるバラ積み)の輸送に関して、特殊車両通行許可の許可限度重量の引き上げと基準緩和の認定が受けられるようになりました。

平成15年の規制緩和の内容とは、

 

A.通行条件の規制緩和として

「特殊車両通行許可の許可限度」が引き上げられ、バラ積み輸送する基準緩和セミトレーラについても、連結車両総重量44トンを上限とし、必要な条件(B条件等)を附して通行が許可されるようになりました。

 

B.車両本体の規制緩和として

「基準緩和自動車の認定要領」が変更になり、バラ積み輸送する基準緩和セミトレーラについて、輸送物品の重量に応じ、車両の構造・装置の限界および車両総重量36トンを超えない範囲で、基準緩和の認定が受けられるようになりました。(幅および長さの基準緩和車両は規制緩和の対象になりません。)

 

C.この規制緩和は、バラ積み輸送する特殊車両(特例8車種)に限られます。

 

D.上記の条件を満たし、特殊車両通行許可証の交付を受けることが前提となります。

 

バラ積み輸送に関し特に留意すべき事項

A.最高速度制限を遵守するとともに、カーブ、坂道等道路状況に適応した安全な速度により運行しましょう。

 

B.過積載運行および過労運転の防止の徹底を図りしましょう。

 

C.特に、積載物品の個別の重量、個数、発送伝票を携行すること等により、積載重量を把握できるようにしましょう。

 

D.荷崩れを起こしたり、事故の際に積載物品が散乱することのないよう、貨物の種類に応じ、偏荷重が生じないような積載を行うほか、積載物品の確実な固縛、シート掛け等飛散防止措置を行いましょう。

 

E.日常点検整備および定期点検を確実に実施しましょう。

とくに高速道路を運行する場合には、高速運行を考慮した点検・整備を入念に行うようにしましょう。

 

F.基準緩和の認定に際して付された保安上の制限を遵守するとともに、道路交通法および道路法等関係法令の規定を遵守し、違法な状態で運行することがないようにしましょう。

セミトレーラ連結車には、車両制限令で長さの特例が認められている

・高速自動車国道…………………………………16. 5m

(積載する貨物が被けん引車の車体の前方又は後方にはみ出していないもの)

 

・指定道路、その他の道路………………………… 12m

(これを超える車両は、特殊車両通行許可が必要です。)

 

フルトレーラ連結車の取扱い

平成5年11月の車両制限令の改正で、フルトレーラ連結車についても、積載物の如何にかかわらず、総重量の特例(適用車種)がセミトレーラ連結車と同様に適用されることとなりました。

フルトレーラ連結車についても、平成5年11月の車両制限令の改正で、長さの特例が新設されました。

 

・高速自動車国道…………………………………… 18m

・指定道路、その他の道路………………………… 12m

(これを超える車両は、特殊車両通行許可が必要です。)

 

公共の道路をトラックやトレーラで安全に運送するには、この他にも注意しなければならないことがあります。

規制だけでなく、トラックやトレーラそのものの整備でしたり、ドライバーの皆さんの安全意識でしたり、あるいは荷物の積み付け方なども、「安全運転」を行う際に必要なことのひとつです。

 

引用参考:安全輸送のための積付け・固縛方法

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

トラックドライバー実用知識編「高速道路での注意」


トラックやトレーラドライバーの皆さんは、高速道路を使用しますか?

長距離を運送する方ですと、毎日のように高速道路を走っているのでしょうか。

今回は、そんな高速道路での注意事項です。

どのように荷物を積み付けすれば良いのでしょうか?

あるいは走行中にどのような点に気を付けなければならないのでしょうか。

 

高速道路走行での注意事項

荷台の前部に隙間をつくらないようにしてください。

荷台前部にシートやロープ、当て板などの用具を無造作に置いて積荷すると、急ブレーキをかけた場合、積荷は慣性に押されてキャビンの方に崩れてきます。

鋼材、木材等の重量物の場合は緩衝材をしっかり当てるか、または、衝撃に耐えるスタンションや補強枠を準備し、かつ、ロープでしっかり固縛することが必要です。

・平ボデー車では、シート掛けの前または後にロープ等で必ず積荷を固縛しましょう。

幌型やバン・ウイングでも、ラッシングレール等を用いて荷崩れ防止措置をしましょう。

・高速道路等での車間距離は、自動車の速度の数字をメ−トルで表した値が望ましいです。(例えば80km/h のときは80m)

・無理な追越しや割り込みをしないようにしましょう。

・車線変更をするときは、右後方の自動車の動きに十分注意をするとともに、追越し車線へ徐々に移行してください。

 

・横転事故は、カーブの連続で右カーブから左カーブになるS字において、左カーブでの転倒が多いです。

これは、重心の高い荷物を積載した車が、前の車を追い越しする時、右カーブで“追い越し車線”に出て追い越し、左カ−ブで“走行車線”に入ろうとした場合に多く発生しているので、速度のコントロールに注意することが大切です。

二次事故の防止措置

後続事故の防止のため、他の交通の妨げとならないような場所(路肩、空地等)に車両や落下物を移動させましょう。

車両や落下物の移動が困難な場合は、停止表示器材や発煙筒を用いて後続車に事故発生を知らせます。

停車したら、まず停止表示器材を取り出し、車の後方の路上に置きます。

高速道路の場合は、スピードと制動距離の関係を考えて、少なくとも車両の後方50m以上が望ましいです。

車両の直後に置くとハザードの点滅灯に打ち消され、かえって発見されにくいのです。

 

負傷者の救護

出血しているときは、ガーゼやハンカチ、また薄手のゴム手袋などで止血するなど応急手当をしましょう。

むやみに負傷者を動かさないでください(とくに頭部に傷がある場合)。

ただし、後続事故のおそれがある場合、または、高速道路では安全な場所に移動します。

 

現場の警察官への報告

110番等(高速道路等では非常電話1km おきに設置)で次のことを報告し指示を受けます。

とくに、最近携帯電話による事故通報が多いのですが、事故発生場所が確認できず困る場合が増えているので、携帯電話を用いる場合、高速道路ではキロポストを確認し、一般道路では付近の目標物を確認し、その内容を現場の警察官等に通報するようにしましょう。

 

・事故が発生した日時、及び場所

・車種と事故状況

・死傷者の数及び負傷者の負傷の程度(状況)

・物の損壊の程度、積荷の落下、バラマキ等の状況

・事故防止のため講じた措置

 

道路管理者及び運行管理者または事業者への報告

・事故が発生した日時、及び場所

・死傷者の数及び負傷者の負傷の程度(被害者の住所、氏名、年齢)

・車両や積荷の損壊、バラマキの状況

 

事故にあってしまったとき、あるいは事故を目撃した時、トラックやトレーラドライバーの皆さんは適切に対処できるようにしておきましょう。

とくに、通常の車と違い、トラックやトレーラで運ぶ中身は、もしかしたらガスなど取扱いに注意しなければならないものかもしれません。

自身を含め、周囲の安全性を確保できるようにしましょう。

 

引用参考:安全輸送のための積付け・固縛方法

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!

 

トラックドライバー実用知識編「走行中の注意」


トラックやトレーラドライバーの皆さんは、多くの荷物を積んで運転していますよね。

その運転時、気を付けていることはありますか?

安全運転はもちろん、トラックやトレーラに積んでいる荷物のことも考えて運転しましょう。

荷締機等の手入れと使用方法

・荷締機(レバーブロック、プーラー、ヒッパラー等)は、フックの回転部分や鎖(チェーン)、ワイヤロープ等に錆が出ないようによごれを落とし、塗油しましょう。

・荷締めをするときレバーにパイプを差し込んだり、足で踏むのは危険なので、絶対にしないでください。

・鎖はねじれたままで使用してはいけません。

固縛した後の荷締機のレバー及び鎖に、振れ止めをしましょう。

 

当て物(クッション材)

ワイヤロープが滑ったり、角に当たって切断するのを防ぐため、また積荷が損傷したり接触したりするのを防ぐため、次の当て物等を使用するようにしましょう。

 

ヤワラ(麻袋、当てゴム、ゴム帯、毛布、布団、すのこ等)、当て金(パイプの半割)、当て板(薄板 )、キャンバー(矢板、くさび)

 

走行中の注意

過大なハンドル操作を避ける

トラックの運転中、ハンドルを切る場合、そのときの走行速度、道路の状態、貨物の積載状態などの条件の変化により、ハンドルの切り方によっては、事故の原因となるので注意が必要です。

 

走行中に過大にハンドルを切ると、積荷は自動車が曲がろうとする方向とは反対の方向に飛び出そうとすします。

自動車の速度が速くなればなるほど、また、ハンドルの切り角が大きくなればなるほど積荷の飛び出そうとする力(=質量×加速度)は大きくなるのです。

車速によってハンドルの切り角に限界があるので、車速が速くなるほど切り角を少なくするなど、十分気をつけましょう。とくに車種を乗り換えた場合には注意が必要です。

 

空車、積車状態によって、過大にハンドルを切ったとき異常走行することがあるので、道路、積荷に応じた速度で走行しましょう。

荷の重心が荷台後方になればなるほど条件が悪くなるので慎重なハンドル操作を必要とします。

車線を変更するに当たっては、後続車や側方車、対向車などの状況をよく確認して過大なハンドルを切らないようにしてください。

とくに高速走行中は、過大にハンドルの切り返しをしないようにしましょう。

急ブレ−キをかけないようにする

積荷を積載し、急ブレーキをかけると、積荷はそのまま前の方に移動しようとします。

その結果、積付け・固縛が不良の場合は、荷崩れを起こし、運転席をつぶしたり、積荷を落下させたりすることがあります。

 

ハンドルを切りながら急ブレーキをかけた場合

・車種が小型になるほど不安定となる。

・同じハンドル切り角であっても、空車の方が回転半径は大きくなり易い。

・車線を変更する際は、後続車や側方車、対向車などの状況を十分に確認し、みだりに急ブレ−キをかけるような運転はしないようにする。

 

空車時、濡れた路面でハンドルを切りながら 急ブレーキをかける場合

・雨などの降り始めは、とくに摩擦抵抗が低下しスピンし易いので、急ブレーキをかけると危険である。

・車種が小型になるほどスピンし易い。標準積載の場合はスピンしにくいが、旋回しきれず回転半径が過大になることがある。

・とくに4トン以上のトラックは空車走行時に急ブレ−キをかけると後輪がロックし易く、路面との接触を断続的に失うため、それだけ制動距離が長くなる。

 

走行途中で固縛状態を必ず点検する

走行中、道路の状況、運転操作などにより積荷は常に移動するので固縛ロ−プや当て物等がゆるむことがあります。

このため荷崩れを起こしたり、落下事故を発生させたりするので、十分注意しましょう。

 

注意事項

・荷崩れしやすい積荷は、積載して出発後わずかな走行でロ−プがゆるむ場合があるので点検する。

・高速道路では2時間(以内)走行ごとに、安全な場所(サ−ビスエリア、パ−キングエリア等)に車を停めて、固縛状況をよく点検する。

・一般道路では4時間(以内)走行ごとに、安全な場所に停車して固縛状態を点検する。

 

荷崩れしやすい荷物はもちろん、そうでない荷物も、なんらかの衝撃を受けないように、安全運転で運搬するようにしましょう。

 

引用参考:安全輸送のための積付け・固縛方法

岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から!