seisaku2 のすべての投稿

トラック業界の「2024年問題」とは? 4月から何が変わる?

2024年問題

目次


トラック業界の「2024年問題」とは?

数年前から、テレビや新聞などのメディアで「2024年問題」という文字を目にすることが多くなりました。
2024年問題とは、働き方改革による労働時間の短縮が、長時間労働が慢性化している物流業界や建設業界、医療関係に大きな影響を与えるとされる問題を指します。

2019年4月に労働基準法が改正され、時間外労働の上限が年間960時間と定められました。
しかし、物流業界で働くドライバーや建設業界、医師などは「適用猶予事業・業務」として、施行が5年間猶予されており、その期限が2024年3月までとなっています。
さらに、トラック運転者の労働時間等の改善を図る目的で、労働大臣による告示「自動車運転者の労働時間等 の改善のための基準(改善基準告示)」が変更され、2024年4月からはドライバーの「拘束時間」と「休息期間」についての制度がより厳しい条件に改正されることとなります。

特に改善基準告示の改正は物流業界への影響が大きく、その他ドライバーを取り巻く環境の変化と相まって、あらゆる分野で「モノ」を運ぶことができなくなる「物流危機」が懸念されています。

では、具体的にどのような変更が加えられたのでしょうか。

2024

1日の拘束時間の制度追加

1日の拘束時間は原則原則13時間以内と今回の改正では変更ありませんが、上限がこれまでの16時間から15時間へと短縮されたほか、14時間を超える拘束は週2回までという努力義務が課されるようになります。
ただし、長距離輸送の場合は、1週間のうち2度は最大拘束時間を16時間とすることができるという例外規定が定められました。

overtime

1カ月の拘束時間が9時間短縮

一方で1カ月の拘束時間は、これまでの原則293時間、最大320時間から、原則284時間、最大310時間へと短縮されています。
この「最大」の例外規定は、
1. 284時間超は連続3カ月まで
2. 1カ月の時間外・休日労働時間数が100時間未満となるよう努める
ことを満たすのを条件として、労使協定によって定めることにより運用されます。
ただし、1か月310時間以内という条件は年6カ月までとされています。

時間

1年の拘束時間が216時間減

さらに1年の拘束時間が改正前の3,516時間から、原則3,300時間以内へと216時間短くなっています。
こちらも前項の条件を満たすことで、最大3,400時間以内まで延長することができます。

トラック

休憩時間の延長

また、勤務と勤務の間の時間を定めた「休息期間」も「勤務終了後に11時間与えることを基本とし、最低でも継続9時間を下回らないものとする」と定められました。
休息期間にも宿泊を伴う長距離輸送の場合には「継続8時間以上(週2回まで)」といった例外規定が設けられています。

珈琲休憩

連続運転時間の規則

長時間の連続運転の規制も強化されました。
連続運転4時間以内という点に変更はありませんが、「運転の中断時には、原則として休憩を与える(1回おおむね連続10分以上、合計30分以上) 10分未満の運転の中断は、3回以上連続しない」という条件が加えられています。

トラックの運転手

物流危機の影響

今回の改善基準告示改正と労働基準法の猶予終了により、労働時間が短縮されます。これはドライバーの労働力が減少することを意味し、少子化や運転免許制度変更も相まって、ますますドライバー不足が加速されます。
これにより、日本全体で物流が立ちゆかなくなるのではないかという懸念がもたれています。
国の試算では、営業用トラックの輸送能力は2024年には14.2%の不足、さらに2030年には34.1%不足する可能性があるとされています。
トラック輸送の基本はなによりも安全な運行にあります。
労働時間の短縮は交通安全に寄与するもので、改正内容は順守しなければなりません。
ドライバー不足は深刻な問題ですが、岩瀬運輸機工はこれまで通り安全安心な運搬を続けてまいります。
岩瀬運輸機工について、詳しくは詳しくは《こちら》から

京都ハンナリーズのシーズンパートナーになりました

はんニャリン

この度、弊社は京都のプロバスケットボールチームである「京都ハンナリーズ」の応援を始めました。
 
京都ハンナリーズに1秒でもかかわる全ての人に夢と感動を!
というクラブ理念に賛同し、「京都ハンナリーズ」の応援を通じて、
スポーツ振興と地域社会の活性化に貢献してまいります。
 
また、地域の皆さまとともに、「京都ハンナリーズ」を熱く盛りあげていく所存でございます!
 
京都ハンナリーズ公式サイト
https://hannaryz.jp/

葛西警察署より感謝状を頂きました。


弊社では社員一同、日々の点検や研修はもちろん、
細心の注意を払って安全第一で業務にあたっております。


その甲斐あって、本社のある葛西臨海地区を所轄する葛西警察署様より感謝状をいただきました。
昨年に引き続き2年連続の授与になります。


これもひとえに皆様のご愛顧・ご支援によるものと深謝申し上げます。
今後も会社として安全運転及び交通事故防止を心がけて参ります。

福岡営業所の開所式

福岡支店

12月4日に福岡営業所の開所式を執り行いました。

 

私ども一丸となってこれまで以上のサポート体制の充実をはかる所存ですので、
今後ともご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

福岡開所式

安全性優良事業所(Gマーク)認定の表彰

表彰状

安全性優良事業所(Gマーク)認定を継続した功績で
東京運輸支局長より表彰状をいただきました。

 

全日本トラック協会では、
安全性の高い優良事業所に対する認定制度である「Gマーク制度」を実施しています。

 

 

安全性優良事業所(Gマーク)とは・・・
利用者が安全性の高い事業者を選びやすくする等の観点から、
輸送の安全の確保に積極的に取り組んでいる事業所を認定する制度です。

 

 

引き続き、運転者への安全教育の実施など安全性向上への取り組みを行っていく所存でございます。

CANON EXPO 2023に参加しました!

canonexpo2023

 
CANON様にご招待いただき、CANON EXPO 2023に参加いたしました。
 
 
Canon EXPOとは同社が数年おきに開催しているプライベートショーのことで、
CANONグループの製品や最新技術などが展示されています。
本来、2020年に開催予定だったのですが、コロナ禍で延期され、2015年に続く8年ぶりの開催となりました。
 
 
こちらはFPD用のガラスの展示です。
FPD用のガラス
 
 
ロケで使用するドローンの展示もありました。
ロケで使用中のドローン
 
 
看板の前で写真を撮りました。
渡邉副社長と岩瀬取締役副社長
左:渡邉副社長(イワセトランスポーテーション株式会社)
右:岩瀬取締役副社長(株式会社岩瀬運輸機工)
 
 
様々な分野において新しい技術が生み出されていることを実感する
とても良いイベントでした。

ISO14001を取得しました


 

 
この度、当社はISO14001を取得いたしました。
 
ISO14001とは、
製品の製造やサービスの提供など、自社の活動による環境への負荷を最小限にするように定めた
「環境マネジメントシステム」の国際規格です。
 
IOS14001を取得した組織や企業は、地球環境へ配慮した組織/企業活動を行っていると
国際的に認められることになります。
 
すでにISO9001などを取得し、顧客満足度向上を推進してきましたが、
さらにマネジメントシステムの向上に努めて参ります。
 

トレーラーの後輪が浮いている!? その理由は

浮くタイヤ

目次


 
高速道路などを走行中、他の車線を走行するトレーラーの後輪部分が宙に浮いているのを見かけたことはあるでしょうか?
小さな子どもさんなどは、「トレーラーが壊れている!?」と驚かれるかもしれません。
車軸を複数持つトレーラーの車輪が引き上げられる仕組みは「リフトアクスル」と呼ばれます。
 

高速道路料金が大幅に安くなる

リフトアクスルのメリットはいくつかありますが、最大のメリットは高速道路料金にあります。
 
高速道路料金は車種により料金が異なります。
車種区分は、軽自動車等、普通車、中型車、大型車、特大車とに分かれています。
大型のトレーラーには車軸が1本のもの、2本のもの、3本のものなどがありますが、高速道路の車種区分に当てはめると、車軸1本のものは大型車、それ以上が特大車に分かれます。
東日本高速道路株式会社のWEBサイトで高速道路料金を計算してみると、東京を出発して神戸三田まで利用した場合、大型車は19,120円、特大車は31,910円と大きな開きがあります。
 

空荷の時にエアーでリフト

であれば、そもそも車軸を1軸とすればいいのでは? と思われる方もおられるかもしれません。
しかし、車軸にかかる重さには道路運送車両法などで定めがあり、重量物を運搬するためには車軸を増やす必要があります。
しかし、トレーラーはいつも満積載の状態で走行するわけではありません。
そこで、車軸にかかる負荷が少ない場合に、自動的に車軸をリフトさせる仕組みが搭載されるようになったのです。
 
リフトアクスルを行うためには、トレーラーがエアーサスペンションを搭載している必要があります。
従来の板バネ車ではリフトアクスルができないので、エアサスの導入が必須となります。
 

タイヤも長持ち

リフトアクスルを行うことで、高速道路料金以外のメリットもあります。
まずはタイヤへの負荷が減ることから、長寿命化が期待できます。
荷重に合わせて車軸を上下させることで、必要のないタイヤを摩耗から守ることができます。
トレーラーのタイヤは、前後方向への摩耗だけではなく、トラクターにけん引されることで発生するカーブの際のねじれによる摩耗もあります。
リフトアクスルにより、接地点が少なくなることで、ねじれによる横方向の摩耗も軽減されます。
 

どの軸をリフトするか

3軸のトレーラーの場合、どの軸をリフトするかにより、運転特性も変わってきます。
例えば接地軸を後端にすると、ホイールベースが長くなり回転半径も大きくなりますが、一方で前端を接地すると、回転半径が小さくなる反面、リアのオーバーハングが増すことで、運転操作に注意が必要となります。
走行シーンや荷物の積み下ろし環境により、どの軸をリフトさせるかを選ぶ企業が多いようです。
 

まとめ

エアサスおよびリフトアクスルを導入するとトレーラー価格のは2割前後高くなりますが、稼働年数が長く、費用対効果の面でメリットが多いいことから、リフトアクスル車が主流となりつつあるようです。
できるだけ不要なコストを下げ、ドライバーとお客さまの負担を減らしたいという思いから、リフトアクスルを採用する企業が多くなっています。
 
岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から

2024年度入社内定式


本社にて内定式が行われ、
5名の内定者が出席しました。

 
 

社長から内定通知書の授与が行われました。
 
内定証書授与
 
 
内定者には自己紹介や意気込みを発表してもらいました。
それぞれがフレッシュで、熱い想いを込めたメッセージを力強く発信いただき、
私たちも一層身が引き締まった思いです。
 
自己紹介と抱負発表
 
 
内定者の内定証書を受け取る眼差しは、希望に満ち溢れており
社会人生活に期待を膨らませていました。
 
内定者
 
入社までの半年は、学生時代の今しかできないことを全力で経験し、
精一杯楽しんでいただきたいと思っています。
来年春から一緒に働ける日を心待ちにしております。

トラックのナンバープレートの秘密


目次


 
日本で公道を走る自動車にはナンバープレートが装着されています。
トラックにももちろんナンバープレートが装着されていますが、トラックの大きさや用途にナンバープレートの大きさ、色、表記が違います。
その違いを解説しましょう。

ナンバープレートの歴史

ナンバープレートは、正式名称を「自動車登録番号標」といいます。
道路運送車両法で以下のように定められています。
 
(自動車登録番号標の表示の義務)
第十九条 自動車は、第十一条第一項(同条第二項及び第十四条第二項において準用する場合を含む。)の規定により国土交通大臣又は第二十五条の自動車登録番号標交付代行者から交付を受けた自動車登録番号標を国土交通省令で定める位置に、かつ、被覆しないことその他当該自動車登録番号標に記載された自動車登録番号の識別に支障が生じないものとして国土交通省令で定める方法により表示しなければ、運行の用に供してはならない。
 
日本では1907(明治40)年に装着が義務づけられました。
自動車が導入されると共に交通事故が多発し、車両識別の必要が生じたため、装着されることとなりました。
当初は4ケタの数字のみのシンプルなものでした。
やがて自動車の保有台数が増加し、4ケタでは足りなくなります。
 
そこで、東京以外の地域では、地域名をアルファベット表記した頭文字を表示することとなりましたが、わかりにくいということで漢字一文字の表示へと変更されます。
 
1951(昭和26)年には数字の分類番号が追加され、 1955(昭和30)年には、東京都でも地名が表記され、数字の前にひらがなが追加されて現在のナンバープレートと近い内容となりました。
 

 

大型トラックには大型のナンバープレート

トラックの大きさによって、ナンバープレートの大きさは異なっています。
いわゆる大型トラックは大型標板と呼ばれるナンバープレートが装着されます。サイズは22cm×44cmで、それ以外の中・小型トラックに使われるのは中型標板(16.5cm×33cm)ですので、縦が5.5cmが横が11cm大きくなっています。
 
大型標板が導入されたのは1962(昭和37)年で、それ以降このサイズのまま継続されています。
 
表示されている内容は中・小型トラック同様ですが、車体の大きさに合わせて視認性を高めるために大型化されています。
 

ナンバープレート 数字の秘密

2023(令和5)年現在、ナンバープレートの表示は以下のようになっています。
 
品川 100
あ 12−34
 
上段の地名は使用の本拠の位置の陸運支局や地域名を示します。
次の数字は分類番号と呼ばれ、自動車の大まかな用途(乗用、貨物、特種用途など)やさいず(普通、小型)を表しています。
トラックの場合、数字の上ひとけたが「1」の場合、普通中型貨物自動車、普通大型貨物自動車、「4」の場合普通小型貨物自動車、「8」の場合、特種用途自動車となります。
 
特種用途自動車とは、読んで字のごとく特殊な用途に使用される車両のことで、トラックでは冷凍冷蔵車やコンクリートミキサー車、タンクローリーなどがこれに該当します。
 
下の段のひらがなは、軽自動車以外のいわゆる登録車の場合、「あいうえおかきくけこ」と「を」が事業用、「さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ」が自家用となっています。
 
次の数字は一連指定番号(軽自動車の場合は車両番号)と呼ばれています。
一連指定番号は所定の手数料を支払えば、希望する番号を指定することができます。
 

 

ナンバープレート 色の秘密

緑ナンバー、白ナンバーという言葉をお聞きになったことがある方も多いかもしれません。
ナンバープレートは、自家用自動車は白地に緑文字で、事業用自動車は緑地に白文字と定められています。
事業用自動車は「自動車運送事業者がその自動車運送事業の用に供する自動車」とされていて、人や荷物などの運送自体を商業的な事業とする車両は緑ナンバーでの登録が義務づけられています。
 
軽自動車の場合は、自家用が黄地に黒字、事業用が黒地に黄字です。
 
上述の通り、物や人を乗せて料金を受け取り利益を得る事業は自動車運送事業とされますが、これを営むには、国土交通省の運輸局から許認可を受けて、免許を得る必要があります。
自動車運送事業は、より厳しい法律の義務が課せられていて、安心安全な運送事業の運営が求められています。
 

 

まとめ

現在のナンバープレートはアルミニウム製ですが、事故の際に人へ与える衝撃や、先進安全技術に用いるセンサーの働きに影響を与えることから、海外では樹脂製のものが普及し始めています。
また、情報をデジタル化した「スマートナンバープレート」への進化も考えられています。
自動運転技術が現実のものとなると、ナンバープレートの役割も変わってくるでしょうが、安心安全を約束するトレードマークとしてのナンバープレートの役割はしばらくは続きそうです。
 
岩瀬運輸機工なら大型精密機器も安心の運搬です。詳しくは《こちら》から